中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 希学園編 -> Q.担当を希望する先生が別の塾に。希学園とかけ持ちしてこの先生の指導を受けたほうが良いでしょうか?

Q.担当を希望する先生が別の塾に。希学園とかけ持ちしてこの先生の指導を受けたほうが良いでしょうか?

希学園の谷九教室に通っています。受験学年である次年度に担当していただきたいと信頼していた先生が急に塾をお辞めになられて、別の塾で指導をされることになりました。
希学園とこの塾の2つをかけ持ちして、この先生の指導を受けた方が良いでしょうか?


お子様を塾に通わせているお母様方にとって本当にお困りのことだと思いますが、通っていた学習塾の先生が塾をお辞めになられることはしばしばあります。

さて、ご質問の「塾のかけ持ち」ですが、かけ持ちをした場合のメリットとデメリットを比べるようにして下さい。
一般に「塾のかけ持ち」をすると、同一教科の一貫性をどのようにバランスさせるかといった点や、一週間の宿題をどのように進めていくかという点が難しくなってきます。
塾をかけ持ちする場合は、学習計画を立てて管理するのはご家庭の責任になると考えておいた方が良いでしょう。

一方、家庭教師や個別指導の場合は「塾のフォロー」という指導が可能ですね。
ですから、かけ持ち先の塾でお目当ての先生にマンツーマンでご指導いただけるなどの個別対応が可能かどうか、まずそれを確認なさることをお勧めします。対応いただけない場合は、少しお勧めしづらいですね。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.