中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 希学園編 -> Q.第一志望中学受験前に、「試し受験」はしたほうがいいでしょうか?

Q.第一志望中学受験前に、「試し受験」はしたほうがいいでしょうか?

第一志望中学受験前に、「試し受験」はしたほうがいいでしょうか。

塾や学校のテストで、「プレッシャーに弱い」、「本番になると力が発揮できない」などの傾向が見られるお子さんの場合は、いわゆる「試し受験」をオススメします。
お子さんが入試の雰囲気や、合格発表、そして"合格"をひと通り経験することにより、自信を持ち、落ち着いた気持ちで本番に挑むことができるからです。

新たに改善点に気づくこともあるでしょうから、さらなる対策をたて、合格の可能性を高めることにも繋がります。ここで「合格」の二文字をまず手にすることで、第1志望校の中学受験に弾みをつけることもできそうです。

注意点としては、「合格」を確実に取れる中学校を選択肢に入れておくこと、そして、できれば中学校が試験会場になっている(※ホテルや商工会議所などで行われるケースもあります)ところを選ぶこと望ましいですね。

関東地方で東京・神奈川を志望校とする場合、入試は、2月1日に一斉にスタートします。
千葉・埼玉・茨木では1月半ばから入試が開始しますので、これらの県の学校で、「試し受験」をすることが恒例になっています。関西では、大阪や兵庫を第一志望校とする場合、岡山や四国、時には函館などを「試し受験」する場合が多いようです。

もう少し模試の感覚が強い方が安心といわれる場合は、秋から冬にかけて行われる各中学校主催の「プレテスト」を受けるという方法も考えられるでしょう。

「試し受験」の他に、ダブル出願や、最悪の場合のことも考えた併願校選びをしておくことも大切です。

ダブル出願とは、直前になって志望校を変更する可能性がある場合に、同じ試験日の2つの学校に出願しておき、前日までの合否結果や入試状況によって、どちらを受験するか決めるという併願方法です。

ダブル出願をするときには、「◯に合格したら△中学校、不合格だったら□中学校」といった受験方針を、入試前にはっきり決めておくことが大切です。

最悪の場合も考えた併願校選びのコツは、

  1. 1.合格できる可能性が限りなく高い学校を1つは受けておくこと
  2. 2.傾向が似た学校を選ぶこと。

です。もちろん受験する以上、進学したい学校というのが前提ですが、合格の可能性があまり高くない志望校ばかりを受験する計画では、不合格によるショックで実力が出しきれない場合もあるからです。

万全の対策を立て、自信を持って、勉強してきた成果を出し、第一志望校合格を勝ち取りましょう。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.