中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 希学園編 -> Q.読書を通じて視野を広げてほしいので、本を好きになるように親として心がけることはありますか?

Q.読書を通じて視野を広げてほしいので、本を好きになるように親として心がけることはありますか?

読書を通じて視野を広げてくれると嬉しいなと思っています。子どもが本を好きになるように、親として心がけることはありますか?


お子さんが本好きなご家庭は、例外なくご家族も本が好きです。全員ではなくても、本が好きな大人が家庭内に必ず一人はいるものです。
蛇足ですが、本好きになるかどうかは「遺伝」ではありませんよ。本を読むということに関して、一緒に楽しんでくれる人がいるかどうかが大切なのです。

ポイントは、「人はだれでも、おしゃべりが弾めば楽しい気分になる」ということです。
おしゃべりが弾むのはどんな時ですか?「一緒!」「そうそう!」「分かる分かる!」って時ではありませんか?
お子さんが、読んだ本について何か話をしてきたら、楽しく聞いてあげてください。
読んだ本について、気持ちよくおしゃべりすることができたら、お子さんはすぐに次の本を探すでしょう。
そしてお子さんは徐々に、ご家族とおしゃべりするだけではなく、本そのものと会話することができるようになっていきます。
そうなれば立派な「本好き」ですね。

なお、希学園に通われている場合は塾での滞在時間がとても長いために、実際問題として一般書籍を読んで楽しむ余裕を得ることは難しいと思われます。
一つの工夫としては、読書の素材として「ベーシック」「最レ」などのテキストを使ってしまうことです。
いずれの文章素材も、内容の充実したものですから十分に「鑑賞」に堪えうるものとなっています。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.