中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 希学園編 -> Q.読書を通じて視野を広げるよう、子どもが本を好きになってほしいのですが親として心がけることはありますか?

Q.読書を通じて視野を広げるよう、子どもが本を好きになってほしいのですが親として心がけることはありますか?

うちの子は本が好きではないのですが、読書をさせるいい方法はありませんか?


読書をさせたいとお考えになったのは、どうしてですか?
期待なさっている成果は何でしょう?
これまでご相談を受けてきた経験から判断しますと、お子様に読書をさせたいとお考えになる目的は3つに分かれるようです。


①とにかく、国語の成績を上げたい。
でもうちの子は文章を読むのが苦手なので、まず文章をたくさん読ませなきゃと思うんです。
読書をしてくれれば文章を読みなれるので、成績も上がるんじゃないかと期待しています。

②狭い視野でものを見る子に育って欲しくないから、できるだけ色々な世界や考えに触れて欲しいと思っています。
それには、実際に体験して学ぶこと以外に、読書を通じて経験していくことも大切だと思うんです。
国語のテストと読書を直接つなげて考えるのは、気分的に避けたいですね。

③まだ低学年なので、テストのことよりは視野を広げるために読書を楽しんで欲しいと願っています。
でも本心では、小さい時から本が好きになっていれば、結果的に国語のテストも得意になるんじゃないかと期待はしています。


まずはご自身の期待がどこにあるのか、確認なさることがお悩みを解決し ていく第一歩になります。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.