中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 希学園編 -> Q. 友達と同じ希学園にいれましたが、厳しい塾だと聞いて不安を感じています。転塾したほうがよいでしょうか?

Q. 友達と同じ希学園にいれましたが、厳しい塾だと聞いて不安を感じています。転塾したほうがよいでしょうか?

まわりのお友だちが皆さん希学園を選択されたのでうちの子も希にいれたのですが、厳しい塾だと聞いて少し不安に感じています。
塾を替えた方がいいでしょうか?

まわりのお友だちと一緒の塾にしておきたい、というお気持ちはとてもよくわかります。
お友だちの多くが同じ塾に通っていると、その同じ塾に通わないと後れを取ってしまうようで不安になるものです。
また、希学園では送り迎えの保護者のみなさんが、お子さんの授業が終わるまでに様々な情報交換を盛んに行っている教室もあると聞きます。
現在のクラスや担当の先生のこと、テストのことなどを話されているママ友のつながりもかなり大きくなっている教室もあるようですから、そうなるとそちらの情報も気になるところですね。

でも、同じ塾に入ったからといって、どのお子さんも同じように成績が上がるとは限りません。
お子さんのそれまでの学習状況や、入った塾の授業のペース、カリキュラムの進度や講師との相性などによって、成績がグングン上がる子もいれば、伸び悩んでしまう子もいるのが現状です。
当然ですが、希学園に限ったことではなく、どの塾に入るとしてもこの点だけは強く意識しておく必要があります。

希学園が厳しい塾だからということで、入塾してからうまくやっていけるかどうかもご心配のようですが、これはお子さんとの相性次第です。

たしかに希学園は、宿題も多く、拘束時間も長い塾ですから、そのことが重荷になってしまい成績が安定しないお子さんも出てきます。
先生は授業がおもしろい一流の方が多いため、塾に通う事自体は本当に楽しいのに、家庭学習のペースがずっと掴みきれないまま成績が上がらないといったお子さんもいらっしゃいます。
しかし、逆に競争の激しい、厳しい環境の中で成績を伸ばすお子さんが数多くいらっしゃることも事実です。
クラス変更や志望校の講座に入るための成績をとったり、家庭学習も自らに必要な学習をどんどん行うことで飛び抜けた成績を出したりと、希学園ならではの環境下で結果を出し続けているお子さんが数多くいらっしゃいます。
大切なのは、他塾よりも宿題が多く、授業時間数の多い希学園という環境が、お子さんに合っているかどうかということです。

また希学園の授業は、クラスによっては非常に張りつめた雰囲気の中で進められると言われています。お子さんが授業に違和感なくとけ込んでいるか、普段から授業の様子を聞くことでつかんでおきましょう。うまく授業を受けることができていないようであれば、そこから転塾の検討をしてもよいでしょう。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.