中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> SAPIX編 -> アルファクラスの方

アルファクラスの方

1.不得意をなくすことに全力を注いでください。

特に、成績が激しく上下動する科目があれば要注意です。
受験に合格することは第一目標ですが、サピックスという塾での最終目標はズバリ、志望校別必修講座で希望するコースに入ることができるかどうかです。 入試での合格実績を上げたいのですから、塾としては当然総合力の高い子を選抜したいと考えています。 そのため、科目バランスが悪い子はふるいにかけられてしまうことが多いのです。
得意教科を伸ばそうといわれるのは、成績下位の生徒の話です。 上位生で、科目バランスが悪い場合は、科目バランスの修正に力を注ぎましょう。

2.できている問題を何度も繰り返し練習させないで下さい。

宿題で大切なことは、できていないことは何かを見極めることです。
できていないことを見極めるというのは、答えが間違っているかいないかをみることではなく、どこを間違ったのかを自分で見つけられるようにするということです。 間違った問題をはじめから解き直しをさせるのは、もってのほかです。 図や式を書くのは、どこを間違ったのかを発見させるためと考えてください。 この習慣をつけることで確実にミスは減っていきますし、宿題をこなすスピードも徐々に向上していきます。

3.春休みや夏休み等の長期の休みにまとめて弱点補強しようと考えないで下さい。

このことはやらなければならない内容が莫大となる6年生の方にはぜひ知っておいていただきたいことです。
6年生になると夏期講習で20日、さらに夏期集中志望校錬成特訓で5日、合計25日の講習を受講することになります。 講習会中は長時間の授業を受けるわけですから、必然的にやらなければならないことも増えることになります。
小6生の場合は、志望校別対策が中心になりますから非常にレベルの高い授業となっています。 やらなければならないことが質量ともに増えるわけですから、長期の休みといっても、それほど時間的な余裕が持てるわけではありません。 積み残したものを一気にこなすことはできないというのが現状です。
9月になると、思うように計画が進まなかったというご相談が多くなるのはこのためです。 週に一日は、積み残しを解消する日を計画的に設けてください。 そうすることで、長期の休みには本当に必要なことだけを復習できるようになります。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.