中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 早稲アカ編 -> 大量演習・大量宿題で1週間が過ぎてしまう

大量演習・大量宿題で1週間が過ぎてしまう

当然のことですが、適度な分量・レベルの宿題を家庭でしっかりとこなすことは成績向上にとって必須事項です。

精神的にたくましい生徒や、もともと処理スピードの速い生徒は、より大きな負荷をかけることによってどんどんたくましくなりますし、学力もぐんぐん伸びるでしょう。

しかし多くの生徒たちは、熱血指導・過負荷の塾の雰囲気に萎縮してしまって質問すらできず、予習シリーズとオリジナルテキストのダブルベイシックから出る大量の宿題をこなすことだけで精一杯という状態に陥ってしまうようです。

そして、悪くするとスランプをきっかけに受験勉強にも疲れてしまい、もうやる気が起きない、と悪循環に陥ります。

何度も類似題を演習するために、やった問題についてはちゃんと得点できます。

これは非常に大きなメリットです。
でも、各学習項目の最初の段階で考え方をしっかりと腑におちた状態にしてから解くだけの時間や気持ちの余裕が持てないために、本当の理解をしないで問題をただ「覚える」勉強になりがちです。

そうなると、少し応用された問題になると、途端に鉛筆が止まってしまうことになります。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.