中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 早稲アカ編 -> 週例テストは好成績でも総合回や公開テストでは大幅に順位を落とす

週例テストは好成績でも総合回や公開テストでは大幅に順位を落とす

「習うよりも慣れろ!」は受験の本質ですが、一部でしかありません。

家庭学習の全てをこのようにやっていくとどうしても負担過多になり、覚えるだけの学習に陥ります。なにより応用力がつきません。

大量の問題を闇雲に「消化」していくことを続けていると、「どんな方法で解答したか」という記憶が残っている間だけの、命の短い得点力になってしまいます。

週例テストで好成績を残すことができる生徒が公開や総合回になるととたんに成績が落ちてしまうのは、ほとんどの場合、日常の家庭学習が大量演習をこなすだけの学習方法に落ち込んでしまっているからなのです。

四谷大塚のテキストで導入部分の理解を深め、「これがこうなって、だからこうするとあれが出て、最後にこうするとこうなる。」というように、自分の言葉に置き換えてしっかりと理解を深めていく学習を意識的に行う事、そしてその時間を確保することが大切です。

しかも、大量演習の学習習慣に麻痺してしまう前に行っておくことが効果的です。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.