中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 四谷大塚編 -> 親が関わることが前提

親が関わることが前提

四谷大塚のカリキュラムは、予習シリーズは新しくなりましたが、受験を考えると他塾に比べて甘いようです。

その上、「予習シリーズ」という名前からも分かりますが、親が関わることを前提にしていますので自学自習の上でのテストが基本です。

そして四谷大塚の日曜テストは模擬テストと位置づけてください。

ですから日曜テストに出席して、短時間の解説授業を受けることで成績の伸びを期待するわけにはいきません。

このテストに向けての学習をお母さんが教える場合は、お子さんが混乱しないように、ご自身がしっかり勉強された上でフォローされる必要があります。

お子さんが小学校に行っている間にお母さんが予習をして、お子さんに教えられたお話を何人からも伺いましたが、うまくいった例は多くありません。

中には小学校の先生をされている方もいらっしゃいましたが、成功例はせいぜい20%です。

自分の子には、なかなか冷静に教えることができないものですから。

しかしそのシステム上親が関わることがほぼ必須条件であることは頭においておく必要があります。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.