中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 勉強方法 -> 「小学生はπを使わないほうが、成績が伸びる」という勘違い

「小学生はπを使わないほうが、成績が伸びる」という勘違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月09日 公開:

文字式なのでπは本来使用しないほうがよいとの意見は指導要領の見地からは理解できます。
しかし、πを使うと計算ミスを減らすことが出来る理由があります。

たとえば、面積や体積の問題を解く場合、3.14をかけたり割ったりといった計算が多くなりますが、円周率3.14をいったんπと置き換えて計算すると、小数計算の回数を格段に減らすことができます。

5×5×3.14+7×7×3.14=

といった「作業」をすることは非常に多いですが、

25×3.14と49×3.14を別々に計算するのではなく、3.14をπに置き換えることで、

25×π(パイが25個)+49×π(パイが49個)=64×π(パイが64個)

と、計算の工夫を誘発しやすくできるからです。

このような習慣を付けると、円周率を使用する問題において格段に正答率が上がります。

この記事を書いた人
主任相談員 前田 昌宏主任相談員 前田 昌宏
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.