中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 中学受験 ->読書感想文は「本の紹介」ではなく「自己紹介」

読書感想文は「本の紹介」ではなく「自己紹介」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中学受験2018年08月14日12時00分

こんにちは! 小川大介です。

早いもので夏休みも半ばを過ぎました。
高学年になると、夏休みは塾の勉強が忙しくなり、
学校の宿題にまだ手をつけていない子もいるかもしれませんね。

さて、夏休みの宿題の定番といえば読書感想文ですが、
この読書感想文が苦手な子は多いものです。
その理由は書き方が分からないからです。

読書感想文のよくある失敗は、書くことが思いつかず、
本のあらすじをダラダラと書いてマス目を埋めるというもの。

もう一つの失敗パターンは、「感想を書かなければ!」と思うあまり、
「あらすじの間に感想らしきものを入れる」のくり返しになってしまうもの。

「主人公はこうなりました。僕は主人公がとても偉いと思いました。
その後、主人公のお母さんはこう言いました。
僕は主人公のお母さんはやさしいと思いました。・・・・・・」といった感じです。
読んでいても引き込まれないですよね。

こうした失敗に陥ってしまうのは、
「読書感想文は本を紹介するものだ」と思い込んでいるからです。

では、読書感想文とは何かというと、実は「自己紹介」なのです。
本との出会いをきっかけとして、自分の体験や自分の考えをプレゼンするというのが、
読書感想文のキモなのです。

読書感想文は次のステップで進めていくとまとめやすくなります。
その時に大事なのが「親の言葉かけ」です。
子どもが話したくなるように、聞いてあげてくださいね。
そして、お子さんの言葉は、あとでまとめやすくするために、メモに残すようにします。

【読書感想文作成の流れ】
STEP1 材料を集める
STEP2 材料をふくらませる
STEP3 材料を選んで並べる

詳しく説明しましょう。

STEP1. 材料を集める
【A】〜【E】の順に声かけをしていきます。ここでは、一例を挙げておきます。

【A】 本との出会いについて
・なぜこの本を手にとって読んだの?
・題名を見てどう思った?
・読む前はどんな本だと思った?

【B】 本の内容について
・ 何について書かれている本だったの?
・ 面白かったのはどこ?
・ なぜそこが印象に残ったの?

【C】 本の内容と自分の体験について
・ 何かこの本の内容と似た経験をしたことがある?
・ 主人公はどんなことを感じたと思う?
・ この場面で自分ならどうすると思う?

【D】 本を読んで自分が変わったこと、新しく考えたこと
・ 読んでみてどんな気持ちになった?
・ 読み終わって気持ちが変わったことはある?
・ これから「自分はこうしたい」「こうなりたい」と思ったことはある?

【E】 この本との出会いについて
・ 読んでよかったと思うのはどんなこと?
・ この本を読まなかったら、どうだったと思う?

STEP2 材料をふくらませる
STEP1の答えの中で、「ここはふくらませそうだ」という部分に絞って質問をします。
主に自分の体験との共通点や相違点、自分が変わったことや新しく考えたことをふくらませましょう。

【A】6W1Hの質問で内容をふくらませる
・ それはいつのこと?(when)
・ どこであった話?(where)
・ 誰がいたの? 誰がそれをしたの?(who)
・ 何をしたの? 何があったの?(what)
・ なぜそうなったの?(why)
・ どんな感じだったの? どんな様子? どんな方法で?(how)

【B】過去、未来に関する質問で内容をふくらませる
(過去)
・ その前に何があったの?
・ それまではどんな気持ちだったの?
・ 昔はどうだったと思う?

(未来)
・ このままいくとどうなると思う?
・ これからどうしたい? どうなってほしい?

STEP3 材料を選んで並べる
あとは並べるだけです。
並べ方は自由ですが、例えばこんな感じで並べていくと、
それなりに完成度の高い読書感想文になります。

【基本の文章】
本との出会い

本の紹介

印象に残った場面

自分の体験(自分の考え・気持ち)

本の内容についてさらに考えたこと(未来に向けての自分の考え・気持ち)

本の出会いへの感謝など

いかがでしょうか? これならできそうな気がしませんか?

読書感想文が苦手な子を前向きに取り組ませる秘訣は、
親子で楽しく会話をしながら進めていくこと。
読書感想文は、"夏の親子の楽しい時間"と思って取り組んでみましょう。

読書感想文の書き方のポイントは、詳しくはこちらの本に紹介しています。

51yYG6+YphL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

『誰も教えてくれない中学受験国語のツボ』(青春出版社)


このエントリーをはてなブックマークに追加
中学受験2018年08月14日12時00分
主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.