秋に結果が出る8月の過ごし方

このエントリーをはてなブックマークに追加
公開:

令和2年の夏、8月は「切り替え」を

夏休みが大幅に短縮され、その中で塾では例年通りの夏期講習が行われている、令和2年の夏。
7月中は「学校に通いながら塾の夏期講習に夕方から参加する」という異例の過ごし方だったお子さんが多かったと思います。

もちろん夏期講習では毎日、さまざまな単元を学習し、その宿題も出ます。
でも夜遅くに塾から帰り、また次の日は朝から学校、という毎日で、宿題はおろか復習さえままならなかった、というお子さんも多かったのではないでしょうか。

8月、いよいよ学校の夏休みも始まり、本格的に夏の勉強に集中できる環境が整ってきました。
7月から頭を切り替え、やるべきことに集中したいですね。

塾のまとまった休みにすべきことを考えておこう

サピックスの6年生は、お盆の期間に数日の休みがありますね。
他の塾、学年のお子さんも、数日間のお休みがある子は多いと思います。

7月にできなかったこと、夏期講習の内容で復習したいことなど、その期間に何を、どのようにやるかをあらかじめ考えておきたいですね。

動画では、理科や社会の暗記の勉強についても触れています。

8月末、夏のまとめテストで結果が出なかったら

多くの塾では、8月の終わりや9月初旬に「夏期講習のまとめ」的なテストがあります。
サピックスなら「8月度マンスリーテスト」です。
日能研では夏期講習中に数回のテストがあり、四谷大塚なども「公開組分けテスト」がありますね。

これらのテストで結果が出なかった場合「夏の頑張りが無駄になった」と落ち込んでしまいがちなのですが、辻先生はそうではないと言います。

夏の終わりのテストで結果が出なかった場合、どのように受け止めればいいのでしょうか。

ぜひ動画を参考にしてみてください。

中学受験情報局では、受験に役立つ勉強法やお役立ちの話題を動画でお伝えしています。ぜひ参考にしてください。

YouTubeチャンネル登録はこちらから。

この記事を書いた人
主任相談員 辻 義夫 主任相談員 辻 義夫
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.