開成中学校

偏差値
男子 71

学校の特徴

全国最高レベルの生徒たちが集まる名門校で、東京大学の合格率首位を誇る。教育理念は「開物成務」「ペンは剣よりも強し」「質実剛健」「自由」。中高一貫教育を行う男子中学校。学校行事や部活動の運営は生徒に任せられ、特に運動会は学校最大のイベント。ボートレースやマラソン大会も有名で、修学旅行も生徒たちで行き先や日程が決められる。

学校概要

創立 1871年
学校長 柳沢幸雄
所在地 東京都荒川区西日暮里4-2-4
アクセス JR・千代田線「西日暮里駅」徒歩1分

入試概要

募集人数

300名

日程

2021年2月1日

試験科目

国語、算数、理科、社会

面接や実技

あり

試験時間

国語50分、算数60分、社会40分、理科40分

配点

国語85点、算数85点、社会70点、理科70点

入試傾向

難問が多く出題されるのでどの科目も全分野をまんべんなく学習すること、高いレベルの思考力が求められる。ここ数年、大学入試改革を踏まえた新しい傾向の出題がみられるので対策が必要。

国語

大問2問で、出題傾向が安定していない。「論説文」「説明文」「小説」「随筆」「韻文」あらゆる問題への対策と、思考力・判断力・表現力をつけておく必要がある。

算数

大問4問。幅広い分野から出題されるが、よく出されるのは「立体図形」「速さ」「数の性質」「規則性」。持っている知識を活用して自分で考える力が要求される。

理科

大問4問。「地学」「物理」「化学」「生物」の各分野から均等に出題身されることが多い。基本知識を確実に身につけ、実験や観察への思考力を養うことが必要。

社会

大問3問で、出題傾向が安定していない。「地理」「歴史」「公民」「時事」の全ての単元が出題範囲。統計資料の読み取りや世界地理が出題されることもある。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.