女子学院中学校

偏差値
女子 70

学校の特徴

伝統的ミッションスクール。完全中高一貫教育を提供する名門女子中学校で、高校では生徒を募集しない。東京大学など難関大学の合格者を輩出。キリスト教精神を基盤に道徳観や自主性を養っており、創立以来朝の礼拝が続いている。リベラルアーツ教育を重視し、高校3年生になるまで選択科目はほぼない。授業や学校行事において生徒たちの議論が活発。

学校概要

創立 1870年
学校長 鵜﨑創
所在地 東京都千代田区一番町22-10
アクセス 有楽町線「麹町駅」徒歩3分、半蔵門線「半蔵門駅」徒歩6分、JR・都営新宿線・南北線「市ヶ谷駅」徒歩8〜10分、南北線・丸ノ内線「四ツ谷駅」徒歩13〜15分

入試概要

募集人数

240名

日程

2021年2月1日

試験科目

国語、算数、理科、社会

面接や実技

グループ面接あり

試験時間

国語、算数、理科、社会 各40分

配点

国語、算数、理科、社会 各100点

入試傾向

どの科目も全分野、高いレベルの知識が求められる。中学入試では珍しく4科目均等配点。時間内で問題を読解し即答する処理能力、幅広い知識をつけるための対策が必要となる。

国語

大問3問。2020年度は随筆と論説文、漢字問題が出題された。難易度が高く、総合的が問われる。問題内容と試験時間を考えてスピード感をつけておくことも必須。

算数

大問6問。図形問題は全分野を範囲とし必ず出題されるので準備しておくこと。スピード感と正確性はもちろんのこと、合理的に解答を導く対策は各分野必要。

理科

大問4問で、「物理」「化学」「生物」「地学」の各分野から出題される。時間内に解答する速度と精度が必要。基本知識と応用力の両方が必須で、計算力や思考力も要求される。

社会

大問3問。「地理」「歴史」「公民」「時事」の全分野から、さらに「考察問題」も出題されるので対策必須。幅広い知識と地図や資料の読み取り力も求められる。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.