昭和学院秀英中学校

偏差値
男子 61
女子 63

学校の特徴

併設混合型中高一貫の共学校。「質の高い授業」「きめ細かな進路指導」「豊かな心の育成」を三つの柱とした教育を行っている。中高一貫校の強みをいかし、中学三年間は基礎学力の養成・定着を徹底。1時間目が始まる前の15分を自習や読書にあてたり、「放課後補習」を毎日実施するなど、きめ細かい学習サポートが特徴。

学校概要

創立 1947年
学校長 鈴木政男
所在地 千葉県千葉市美浜区若葉1-3
アクセス JR京葉線「海浜幕張駅」徒歩10分、JR総武線「幕張駅」徒歩16分、京成線「幕張駅」徒歩14分

入試概要

募集人数

午後特別入学試験 30名
第1回入学試験 110名
第2回入学試験 約20名

日程

午後特別入学試験 2021年1月20日
第1回入学試験 2021年1月22日
第2回入学試験 2021年2月2日

試験科目

午後特別入学試験 算数・国語
第1回入学試験 国語・算数・理科・社会
第2回入学試験 国語・算数・理科・社会

面接や実技

なし

試験時間

午後特別入学試験 算数60分・国語40分
第1回入学試験 国語50分・算数50分・理科40分・社会40分
第2回入学試験 国語50分・算数50分・理科40分・社会40分

配点

午後特別入学試験 算数120点・国語80点
第1回入学試験 国語100点・算数100点・理科50点・社会50点
第2回入学試験 国語100点・算数100点・理科50点・社会50点

入試傾向

高難易度の問題が頻出するわけではないものの、同校が中学三年間に求める基礎学力の養成・定着の礎となる、広範囲にわたる基礎的学力の高さが求められる。教科によっては年ごとに合格者平均点にばらつきがあるため、ケアレスミスをするはできる限り避けたい。

国語

大問2問。論説文と小説が大問として出される。文脈の理解度や漢字、接続詞などについて問われ、選択・空所補充・記述式での解答が求められる。基礎的な学習に加え読解力の向上も必要。

算数

大問4~5問。計算と小問の集合と大問で構成される。大問では図形に関する問題の出題頻度が高く、途中式を求められることもある。出題範囲が幅広いため、過去問題対策と基礎的な学習をしっかり行っておくことが重要。

理科

大問4問で、「生物」「地学」「物理」「化学」から出題されるが、近年は「地学」の出題頻度が低い。時事的な問題が出されることもあるため、世間一般的に大きな注目を集めるニュースなどには気を配っておく必要がある。また表・グラフに関する問いもあるため、素早く読み解く力をつけておきたい。

社会

大問5問以上。地理・歴史・政治経済・時事など全ての分野から、40問以上が出題されるため、時間配分も重要になる。難易度は普通程度であるため、全ての分野で基礎的な知識を固めておくことが有効。

学校ホームページ

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.