市川中学校

偏差値
男子 65
女子 66

学校の特徴

併設混合型中高一貫の男女共学校。「独自無双の人間観」「よく見れば精神」「第三教育」の三本の柱のもと、「個性の尊重と自主自立」を教育方針とする。生徒一人ひとりの個性を大切に育み、生徒が自ら自分で生涯学んでいける力を養えることを目指している。

学校概要

創立 1937年
学校長 宮﨑章
所在地 千葉県市川市本北方2-38-1
アクセス 京成「鬼越駅」徒歩20分、JR「本八幡駅」バス11分、JR「市川大野駅」バス11分、JR「西船橋駅」バス20分(登下校時のみ)

入試概要

募集人数

第1回入学試験 男子180名、女子100名
第2回入学試験 男女40名
12月帰国生入学試験 若干名

日程

第1回入学試験 2021年1月20日
第2回入学試験 2021年2月4日
12月帰国生入学試験 2020年12月6日

試験科目

第1回・第2回入学試験 国語、算数、理科、社会
12月帰国生入学試験 国語・算数・社会・理科

面接や実技

なし

試験時間

第1回・第2回入学試験 国語50分・算数50分・社会40分・理科40分
12月帰国生入学試験 12月帰国生入学試験 英語I40分・英語II40分・国語50分・算数50分 ※英語IはListeningとWriting、英語IIはReading

配点

各科目100点

入試傾向

全教科100点という中学受験では珍しい配点。そのため、どの教科も気を抜くことなく万全の準備が必要になる。基礎学力をしっかりと身につけることは大前提であり、加えて問題を解くスピードも高めておきたい。

国語

大問3問。うち2題が長文読解問題であるため、過去問題などでしっかりと対策をしておきたい。漢字や文法問題も出ることがあるため、日々の積み重ねが重要。

算数

大問5~7問。各分野からまんべんなく出題される。教科別平均点が50~60点であるため、ケアレスミスは極力なくしたい。試験時間に対して問題が多いため、正確かつスムーズに解答できるよう、各分野の基礎的な力をしっかり高めておきたい。

理科

大問8問で、「生物」「地学」「物理」「化学」から出題。比較的計算問題が多く、さらに図やグラフを用いた問題も出題されるため、暗記だけではなく計算力や図やグラフを読み解く力も伸ばしておくことが大切。

社会

大問1問で、「地理」「歴史」「公民」「時事」が出題範囲。重要な用語を正しく記憶することも大切だが、資料の内容を正しく理解できることも必須。また時事問題について問われることもあるため、日々の生活で関連する項目にアンテナを張っておく必要がある。

学校ホームページ

中学受験専門メールマガジン
メルマガ会員登録無料
16万人のお母さんが参考にしている中学受験専門メールマガジン
今なら登録特典がもらえるキャンペーン実施中
>メルマガの配信内容はこちら
>会員限定特典の詳細はこちら
会員限定中学受験裏マニュアル
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.