海陽中学校

偏差値
男子 71

学校の特徴

トヨタ自動車名誉会長の豊田章一郎氏らにより、設立が構想され、トヨタ自動車㈱・東海旅客鉄道㈱・中部電力㈱を賛同企業として運営されている。全寮制の中高一貫教育で次世代のリーダーを育成。「ハウス」と呼ばれる寮で、自由と規律を重んじる共同生活を行い、徹底した基礎学力を身につけ、豊かな人間性を養う。

学校概要

創立 平成18年
学校長 中島 尚正
所在地 東愛知県蒲郡市海陽町三丁目12番地1
アクセス JR東海 東海道本線「三河大塚駅」徒歩20分

入試概要

募集人数

帰国生入試 若干名
特別給費生入試 20名
入試Ⅰ 70名
入試Ⅱ 20名
入試Ⅲ 10名

日程

帰国生入試(11月) 2020年11月1日
特別給費生入試 2020年12月19日
入試Ⅰ・帰国生入試(12月) 2020年12月26日
入試Ⅱ 2021年1月9日
入試Ⅲ 2021年2月7日

試験科目

帰国生入試(11月/12月) 国語、算数、英語、英語面接 または 国語、算数
特別給費生入試 国語、算数、理科、社会 または 国語、算数、理科
入試Ⅰ 国語、算数、理科、社会 または 国語、算数、理科
入試Ⅱ 算数、視聴型総合問題 または 算数
入試Ⅲ 算数、視聴型総合問題

面接や実技

すべての入試において10分程度の保護者同伴面談あり(保護者1名以上)

試験時間

帰国生入試(11月/12月) (英語選択)国語50分、算数60分、英語35分、英語面接1人10分程度・(英語非選択)国語50分、算数60分
入試Ⅰ・特別給費生入試 (4科受験)国語50分、算数60分、理科35分、社会35分・(3科受験)国語50分、算数60分、理科35分
入試Ⅱ・Ⅲ (算数・視聴型総合問題受験)算数60分、視聴型総合問題60分・(算数1科受験)算数60分

配点

帰国生入試(11月/12月) (英語選択)国語100点、算数100点、英語・英語面接100点・(英語非選択)国語100点、算数100点
入試Ⅰ・特別給費生入試 (4科受験)国語100点、算数100点、理科50点、社会50点・(3科受験)国語100点、算数100点、理科50点
入試Ⅱ・Ⅲ (算数・視聴型総合問題受験)算数100点、視聴型総合問題200点・(算数1科受験)算数100点

入試傾向

だいたいの傾向はあるものの、まだ新しい学校ということもあり、今後、大胆な出題傾向の変革がないとは言い切れない。過去問を中心にこれまでの出題傾向について対策しつつ、しっかりした基礎学力も固めておくことが望ましい。

国語

長文2、3題。物語文から1題、説明文から1、2題。出題形式は記号選択と抜き出し問題が中心。長文1題につき1問、80文字前後の記述問題が出題される。試験時間50分に対して文章が長いため、読み返している時間はない。丁寧にかつ素早く見む力が求められる。

算数

大問が3題、計算・一行問題6~7問。標準的なレベルから一部難問までが、単元の偏りなくバランスよく出題される。小学校で学習する内容をベースとして問題となっており、合格者平均点が例年70点前後と高くなっている。合否に大きく影響を与える科目だと言える。

理科

物理・化学・生物・地学の各分野からバランスよく出題される傾向。単に知識を問われる問題は少なく、計算や記述を求める応用問題が中心。グラフを書いたり文章で答える問題も出るため、基礎的な学習にとどまらず、応用力を高めておく必要がある。

社会

歴史・地理・公民の分野からバランスよく出題される傾向。時事問題も出題されるため、日頃からニュースに関心を寄せておくことが大切。記述問題も出題されるため、単なる暗記ではなく、歴史の流れや出来事の因果関係までしっかりと学んでおきたい。

学校ホームページ

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.