東洋英和女学院中等部

偏差値
女子 61

学校の特徴

明治17年創立の伝統ある女子校。キリスト教主義のもと、自己肯定と他者尊重の精神を培う教育を行う。校訓は「敬神奉仕」(神を敬い、人につくす)。英語教育が充実しており、少人数制で、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を磨く。受験のための英語力だけでなく、生きた英語の習得を目標としている。

学校概要

創立 明治17年
学校長 石澤友康
所在地 東京都港区六本木5-14-40
アクセス 都営大江戸線「麻布十番駅」徒歩5分、南北線「麻布十番駅」徒歩7分、日比谷線「六本木駅」徒歩7分、千代田線「乃木坂駅」徒歩15分

入試概要

募集人数

一般入試 110名
帰国生 若干名

日程

帰国生 2021年2月1日
一般A日程 2021年2月1日
一般B日程 2021年2月3日

試験科目

一般 国語・算数・社会・理科
帰国生 国語、算数、面接

面接や実技

一般 受験生のみの個人面接
帰国生 受験生と保護者1名の面接(日本語)

試験時間

一般 国語45分、算数45分、理科30分、社会30分
帰国生 国語45分、算数45分

配点

一般 国語100点、算数100点、理科60点、社会60点
帰国生 国語100点、算数100点

入試傾向

全ての科目において標準的な問題傾向。その分、平均点が高くなる。基本事項をしっかり習得しておこう。漏れのない学習、ミスのない解答が必要とされる。

国語

長文読解が1題または2題出される。漢字問題は文章題の中で出題される。随筆や物語文が出されることが多い。文章も難解ではなく、比較的読みやすいものが多い。問いは選択問題が中心だが、記述問題では自分の意見を求められることがある。

算数

計算、一行問題、大問8~10題。解答用紙がなく、問題用紙に直接回答を記入する。計算に使える余白が少ないため、過去問などで慣れておきたい。問題の難易度としてはそれほど高くないが、出題数が多く、スピード勝負となる。また、高得点での戦いとなるため、ミスはできない。

理科

大問4題、総問題数は20~25問程度。試験時間が30分と短いため、ひとつの問題にあまり時間をかけることができない。解答形式は、用語記入がたまに出る程度で、ほとんどが記号選択。基本的な問題が多く、問題の難易度としてはそこまで高くない。基礎学習をしっかり固めておくことが重要。

社会

大問3題。総問題数は20~30問程度。歴史・地理・公民からバランスよく出題される。 全体的には基礎力を問われる問題が多いが、記述式問題には難易度のやや高めな問題も。 試験時間が30分と短い中で多くの設問を解かなければならない。記述式や単元を越えた複合問題も出題され、総合力を必要とする。

学校ホームページ

中学受験専門メールマガジン
メルマガ会員登録無料
16万人のお母さんが参考にしている中学受験専門メールマガジン
今なら登録特典がもらえるキャンペーン実施中
>メルマガの配信内容はこちら
>会員限定特典の詳細はこちら
会員限定中学受験裏マニュアル
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.