慶應義塾湘南藤沢中等部

偏差値
男子 65
女子 68

学校の特徴

完全中高一貫校で慶応系の中では最も新しい学校。通称SFC。異文化交流と情報教育を6年間しっかり学べる環境。細かい校則を設けず、「社会の良識が校則」という考えのもと、生徒に自ら考えて行動させる。「社会的責任を自覚し、知性、感性、体力にバランスのとれた教養人の育成」という福沢諭吉の教育精神に基づいた学校。

学校概要

創立 1992年
学校長 尾上義和
所在地 神奈川県藤沢市遠藤5466
アクセス 小田急江ノ島線、相鉄いずみ野線、横浜市営地下鉄「湘南台駅」からバス「慶応中高等部前」まで15分

入試概要

募集人数

一般入試 約70名
帰国生 約30名

日程

一次試験 2021年2月2日
二次試験 2021年2月4日

試験科目

4教科 国語、算数、理科、社会
3教科 国語、英語、算数

面接や実技

二次試験(面接、体育)

試験時間

4教科 国語45分、算数45分、理科25分、社会25分
3教科 国語45分、算数45分、英語60分

配点

国語100点、算数100点、理科50点、社会50点、英語100点

入試傾向

各科目、傾向に合わせた対策が必要。一次試験合格者だけが二次試験に進める。7割ほどの得点を目指して、学力をしっかりつけておくこと。

国語

大問4問。知識問題・条件作文各1問、長文2問という構成。高度な読解力が求められる。問題数が多いので、スピード感と時間配分の対策が必須となる。

算数

大問6問程度。問題数が多いので、スピードと正確性が重視される。割合と比、図形が頻出問題なので必ず対策しておくこと。解く・解かないの問題の取捨選択も必要。

理科

大問4問。限られた時間の中で確実に得点できるように演習しておく。「天体」「地層」「植物」が頻出問題なので過去問で対策を。計算問題もある。

社会

大問5問前後。問題数が多いので、優先順位をつけて取り組むこと。地図やグラフの読み取り問題は頻出。時事問題もあるので日頃からニュースをチェックしておく必要がある。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.