浦和明の星女子中学校

偏差値
女子 65

学校の特徴

埼玉県では女子最難関のミッションスクールで、完全中高一貫教育を行う。校訓は「正・浄・和」、モットーは「最善のあなたでありなさい。そして、最も真実なあなたでありなさい」。生徒の自主性を重んる教育を行う。部活動は体育系・文化系ともに盛ん。週5日制で家庭教育も重要視している。創立50周年に向けて校舎の建て替えをし、2018年に全校舎が完成。

学校概要

創立 1967年(中学校は2003年より開校)
学校長 島村新
所在地 埼玉県さいたま市緑区東浦和6-4-19
アクセス JR線「東浦和駅」徒歩8分

入試概要

募集人数

第一回 120名
第二回 40名

日程

第一回 2021年1月14日
第二回 2021年2月4日

試験科目

第一回 国語・算数・社会・理科
第二回 国語・算数・社会・理科

面接や実技

第一回 なし
第二回 なし

試験時間

第一回 国語50分・算数50分・理科と社会あわせて50分
第二回 国語50分・算数50分・理科と社会あわせて50分

配点

第一回 国語100点・算数100点・理科50点・社会50点
第二回 国語100点・算数100点・理科50点・社会50点

入試傾向

どの科目・分野もまんべんなく学習し、標準的な問題は確実に得点できるように演習を重ねておくこと。時間配分への対策も必須。

国語

大問2問。小説・物語から、論説・説明文からそれぞれ1問ずつの出題。韻文も出ることがあるので過去問に取り組んでおこう。記述解答が多めなのでまとめる力が求められる。

算数

大問5問。全25問を時間内に解くことになるので、スピード感、正確性、問題の取捨選択の練習も必要となる。「規則性」「図形」に関する問題が頻出。

理科

大問4問。全分野が出題範囲なのでどの単元も基礎力をつけておくこと。社会と合わせた時間なので、時間配分に注意する。選択問題の選択肢が多いので対策が必須。

社会

大問2〜3問。分野を横断した問題が出るので知識を関連付けて理解を深めておくこと。理科と合わせた時間配分を意識する必要があるので、過去問でしっかり対策を。

学校ホームページ

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.