東京都市大学付属中学校

偏差値
男子 60

学校の特徴

旧武蔵工業大学付属中学校。平成21年に現校名へ改称。2013年度からⅡ類(最難関国公立大)・Ⅰ類(難関国公立私大)のコース制入試を実施。2014年度より帰国生入試、2015年度よりグローバル入試を実施。グローバルに活躍する人材育成に注力している。校訓は「誠実・遵法・自主・協調」。中1の段階から成績に合わせてクラス分けを実施。中2までの間に中3レベルの学習を済ませる先取り学習を行う。補習体制も充実しており、自習室には東大生のチューターが常駐、生徒の質問や相談を受けている。

学校概要

創立 昭和26年 武蔵工業学園高等学校創立、平成21年 東京都市大学付属中学校・高等学校に校名変更
学校長 長野 雅弘
所在地 東京都世田谷区成城1丁目13番1号
アクセス 小田急線「成城学園前駅」徒歩10分、東急田園都市線「二子玉川駅」バス20分

入試概要

募集人数

一般入試Ⅱ類(最難関国公立大) 80名
一般入試Ⅰ類(難関国公立私大) 160名
グローバル入試 若干名
第帰国生入試 若干名

日程

帰国生入試 2021年1月6日
第1回 2021年2月1日午後
第2回 2021年2月2日 午前
グローバル入試 2021年2月2日 午前
グローバル入試 2021年2月2日 午前
第3回 2021年2月4日 午前
第4回 2021年2月6日 午前

試験科目

一般 算数・国語・理科・社会
グローバル入試 英語、算数、作文(日本語)
帰国生入試 A方式国語型 英語・算数・国語
帰国生入試 A方式作文型 英語・算数・作文(日本語)
帰国生入試 B方式2教科型 国語・算数
帰国生入試 B方式4教科型 国語・算数・理科・社会

面接や実技

なし

試験時間

一般 第1回 国語45分、算数45分、理科・社会あわせて45分
一般 第2,3,4回 国語50分、算数50分、理科40分、社会40分
グローバル入試 英語50分、算数50分、作文40分
帰国生入試 A方式国語型 英語45分、算数45分、国語45分
帰国生入試 A方式作文型 英語45分、算数45分、作文(日本語)45分
帰国生入試 B方式2教科型 国語45分、算数45分
帰国生入試 B方式4教科型 国語45分、算数45分、理科・社会あわせて45分

配点

一般 第1回 国語100点、算数100点、理科50点、社会50点
一般 第2,3,4回 国語100点、算数100点、理科75点、社会75点
グローバル入試 英語100点、算数100点、作文は段階評価
帰国生入試 A方式国語型 英語100点、算数100点、国語100点
帰国生入試 A方式作文型 英語100点、算数100点、作文(日本語)段階評価
帰国生入試 B方式2教科型 国語100点、算数100点
帰国生入試 B方式4教科型 国語100点、算数100点、理科50点、社会50点

入試傾向

出題傾向としては、応用問題も一部出されるものの、基礎的な問題が中心。基本をしっかりと抑えた上で、バランスよく繰り返し演習を行いたい。

国語

漢字4問、大問3題。大問では、論説文、物語文、詩・短歌・俳句などが扱われる。熟語やことわざなど、言葉の知識に関する問題は、大問の中で扱われる。解答形式は、記号選択と抜き出しが中心。出題傾向がはっきりしているため、過去問をしっかり解いておきたい。

算数

大問5題前後。計算問題、1行問題に続いて、応用問題が出題される。基礎から標準レベルの問題が偏りなく出題される。大問では、図形問題などが頻出。難問というほどではないが、実力によって差のつく応用問題が出題される。

理科

大問4~5題。物理・化学・生物・地学の4分野からバランスよく出題される。選択問題が中心だが、一部、計算問題や記述問題も出題される。実験や観察に関する問題や、グラフや表の読み取りを扱う問題が多い。

社会

大問3題。歴史・地理・公民からバランスよく出題される。時事問題を扱うことが多い。解答形式は記号選択や単語の記入が中心。記号選択問題では、正誤問題が出題される。単なる暗記学習ではなく、総合力が求められる。普段から興味をもって学習に取り組みニュースにも触れておくことが必要。

学校ホームページ

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.