家庭での学習に関するアンケート

今回のかしこい塾の使い方アンケートでは、中学受験を目指すお子さんをお持ちの親御さんに「家庭での学習」について調査しました。

<調査概要>
調査期間

2020年1月8日(水)~15日(水)

調査方法

インターネット調査

回答者数

かしこい塾の使い方メルマガ会員 210名

現在、お子さんの成績は学校や塾のクラスでどの位置にありますか?

【解説】

現在、お子さんの成績は学校や塾のクラスでどの位置にあるかという質問で、「成績上位」が50%、「成績中位」が41%、「成績下位」が8%という回答が得られました。

(中学受験情報局 編集部)


家庭学習は習慣化していますか?

【解説】

家庭学習の習慣化について成績別に答えていただきました。成績が上位であるほど、「やや習慣化している」お子さんより「習慣化している」というお子さんが多いことが見てとれます。

中学受験をされるお子さんにとって、塾や学校での学習だけでなく、家庭学習の仕方も合否を分ける大切な時間になります。
親御さんは、お子さんの家庭学習にどれくらい関わっていけばよいのか迷うこともあるのではないでしょうか。低学年のうちは、親御さんから「よし、勉強しようか」と声をかけて学習に取り組ませるのがよいでしょう。しかし4年生になったくらいからは、自分から「勉強しよう」という意欲をつける為にも、いつまでも親御さんが干渉しすぎないほうが良いです。

ではどのように関わるかです。例えば、問題に行き詰まったお子さんに、すぐに答えや解き方を教えてしまうのではなく、「なんでそうなったの?教えて。」と詳しく説明してもらってください。自分で解いた式や導いた答えについて詳しく説明することで、お子さんの理解度は想像以上に上がります。

(主任相談員 前田 昌宏)


学校や塾以外の市販教材や問題集を家庭学習で利用していますか?

【解説】

学校や塾以外の市販教材や問題集を家庭学習で利用しているかという質問に対し、「利用している」が65%、「利用していない」が35%という回答が得られました。

たとえばお子さんが塾にお通いなら、塾で使っているテキスト、問題集などがあると思います。それに加えて市販の参考書や問題集を購入するということは、それなりの目的があるはずです。目的に合致したものでないと、お子さんの学習に対する負担が増すだけという結果にもなりかねません。

塾に通っているけれど、苦手な単元の理解を市販テキストを使って深めたいという場合と、必要な知識が身についているかチェックしたいという場合では、選ぶべき参考書、問題集は全く違ってくるのです。

(主任相談員 辻 義夫)


家庭での学習に関するアンケートをすべて閲覧したいはこちらから!
受験成功のヒントが見つかるかもしれません。ぜひ参考にご覧くださいね。



かしこい塾の使い方のメルマガ会員様には、アンケート結果を全て公開しています。
会員の方は専用のパスワードを入力して、アンケート結果をご覧ください。
会員ではない方は、無料メルマガ会員登録をお願い致します。


無料メルマガ会員登録とは?

無料メルマガ会員登録をすると、会員限定の記事を読むことができるほか、最新情報のメールマガジン配信や、特別セミナーのご案内など、会員限定の特典をご利用いただけます。

メルマガ会員登録が
お済みでない方はこちら
アンケート結果を見る
(メルマガ会員限定)
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.