中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 勉強方法 -> 高学年の勉強法

高学年の勉強法

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月25日 公開:

一週間がめまぐるしく

進学塾の小学5年生は、入試問題の実践的な技法や知識をつけていく学年です。多くの塾で4年生のときより宿題が増え、「一週間がめまぐるしくなった感じ」がするでしょう。これが6年生になるとなおさらです。

たとえば算数では、4年生のときに習う図形は角度、そして面積は三角形や四角形など直線図形が中心ですが、5年生になると円やおうぎ形などの曲線図形が中心になり、それに4年生のときの復習、発展事項としての直線図形の学習も含まれてきます。

文章題でも、4年生で習うのは和差算や植木算など子どもが想像しやすいものが多いのですが、5年生になると速さや割合に関連する文章題が多くなり、子どもたちにとって取り組みにくいものが多くなるのです。

流水算や時計算、ニュートン算などがその典型ではないでしょうか。

優先順位付けが大切

学習量が増える5年生だからこそ、優先順位付けが大切になります。日々すべき勉強には

  • 毎週の授業の宿題
  • 毎週のテストの直し
  • 毎月の大テスト(サピックスのマンスリーやオープンテスト、日能研の公開模試、四谷大塚の月例テストなど)の直し
  • 苦手単元や理解が進んでいない単元の学習

などがありますが、毎週の授業の宿題をやりながら、テスト直しに加えて弱点克服まで手が回らない、というご家庭も多いと思います。かといって苦手単元を放置すると、テストのたびに得点で足を引っぱる事になります。

全体の量を減らし、無理なく一週間、一ヶ月が回っていくようなサイクルを作る必要があります。

宿題、テスト直しともに、「もう少しがんばればできるようになる問題」に絞って、その問題に力を注ぐのがもっとも効率のいい学習になりますが、その「もう少しがんばればできるようになる問題」を選ぶのが難しいのです。

問題の優先順位付けのしかた

まず、宿題の優先順位付けはご本人の記憶が頼りです。まず真っ先に習得しなければならないのは、塾で実際に演習した問題ですが、その理由は単純に塾のテキストが「重要な問題パターンから教える」という作りになっているからです。

だから塾でやった問題は最重要と考え、優先順位1位と考えましょう。そしてお子さんに習慣づけてほしいのが、塾で演習したときの印象を書いて帰ってくるということです。

よくわかったのか、ちょっとわかりづらかったのか、全くわからなかったのか。これを◯、△、☓などでメモして帰ってきて、ちょっとわかりづらかった問題を中心に取り組むのです。

家でやってみて分かる場合もあるでしょうし、いや、やっぱりよくわからないという場合もあります。それもまたメモしておきます。△⇒◯とか、△⇒☓という具合です。

塾で質問するのは、この△⇒☓の問題です。その結果もまたメモして・・・とだんだん記号が増えて、最終的に◯になればOKです。

大きなテストは正答率表を活用して

テスト直しのやり方は、テストによって違います。毎週の小テストや復習テストなどの場合、宿題と同じように◯、△、☓が使えます。小テストや復習テストでは、基本的に宿題の範囲から問題が出されますから、「この問題は△⇒☓の問題だ」というふうに「問題ランク」を自分なりにつけられるかも、問題選択眼を研くよい練習になります。

公開模試やオープンテストなど大きなテストは「実力テスト」なので、習った問題パターンそのままとは限りません。4年生までは「そのまま」に近い問題も多かったのですが、5年生になると応用、つまりいくつかのかい方の組み合わせになっています。このあたりも4年生までと5年生との大きな違いです。

大きなテストの直しをする場合、参考になるのが正答率表です。テストの受験者のうち、何%の人が正解したかを小問ごとに出しているものです。大手進学塾のほとんどの「大テスト」には、この正答率表がついています。

正答率表の利用のしかたは様々ですが、1つのやり方はそのテストのお子さんの偏差値を100から引き、その答えを出す方法です。
お子さんの偏差値が55だったら、
100−55=45
と計算するのです。
そして、正答率45%を基準に、それよりも正答率が高いものを直しの対象にするのです。あまり目標を高くしすぎて、難解な問題ばかりに時間をかけても、実りが多くありません。お子さんが「ちょっとがんばれば解ける」という問題に絞って、小さな階段を少しずつ登らせてあげるのがポイントです。

苦手単元は

苦手単元に関しては、まず「どの単元が苦手なのか」「本当にその単元は苦手なのか」を把握しておくことが大切です。そこで重宝するのも、やはり正答率表です。

進学塾の大きなテストでは、正答率と出題単元が詳細に出るのが普通です。つまり正答率表を活用することで、どの単元の、どのレベルの問題を正解し、間違ったかが詳しくわかります。

たとえば出題単元が旅人算、正答率60%の問題を間違っているとしましょう。これは確実に直しの対象でしょうし、解き直してみることで本当に旅人算が 苦手なのか、あるいはケアレスミスだったのかがわかります。

このように、ふだんからテストの資料を有効活用する視点を持っておくことで、祝日や長期休暇、ちょっとした「すき間時間」でやらせたいことが決まってきます。ぜひ試してみてください。

この記事を書いた人
主任相談員 西村 則康主任相談員 西村 則康
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.