中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 中学受験 ->夏休み明けに挽回する~シンプルな鉄則~

夏休み明けに挽回する~シンプルな鉄則~

中学受験2010年08月24日22時24分
夏休みがあと1週間で終わろうとする時期、
SS-1へのお問い合わせが止まりません。

サピックス、日能研、四谷大塚、早稲アカ、希、栄光、市進……

相談が寄せられていない塾の方が、少ないかもしれません。

最も多いのが、
「この夏に挽回したかったのですが上手くいきませんでした、どうすればいいですか?」
というご相談。

次に多いのが、
「今からでも入試に間に合いますか?」
というご相談。


いずれも、SS-1の回答としては
「イエス」 です。

目標とする到達点があるとして、
まず行うべきなのは、
現状の学力と学習状況を分析することです。

お子さんが小4でも、小1でも、
小6でも、
状況を改善するためにまず行うべきことは、同じです。

お困りの科目が、
国語でも、算数でも、理科でも、社会でも、
また全ての科目が上手く行ってないとしても、
行うべきことは同じです。


現状の分析を行ったら、
目標ラインとの間にどれだけの格差があるかを見極めます。

次に、その格差を乗り越えるためには、
何を、どれぐらい、どのように、いつまでに、行えばいいのか、
具体的な作戦を立てます。


受験勉強では、どのような悩みについても、
解決法が必ず見つかります。

見つけることのできる人が限られているだけで、
常に方法はあるのです。


方法が見つかれば、項目の一つ一つについて、誰がお子さんを手助けすればいいのかを決めていきます。


ここは家族で話し合って、慎重に決めていきます。

原則は「できる人がする」
なのですが、
専門的な部分はプロの力を借りなければならないこともあります。

費用の問題もありますし、ご家族それぞれの考え方もあるでしょう。

解決する方法はあるけれど、あえて選ばない、という選択もあるわけです。

そうして、誰が何をするのかを決めたら、
あとは、実行するかしないか、ですね。

「何から手をつければいいのか分からない」
という方は、
ここにご紹介した手順で考えてみて下さい。

途中で止まるようなら、
その時点でプロに相談なさると良いでしょう。


今すぐ準備に入って、9月を有意義にスタートさせましょう!
中学受験2010年08月24日22時24分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。