中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 勉強方法

中学受験で成績を確実に上げる「勉強方法」

中学受験は、難関校になればなるほどライバルが多く、対策も難しくなります。
しかし、正しい方法で勉強すれば合格がぐっと近づいてきます。
ここでは、塾で出される宿題のこなし方や、科目別の受験対策など、合格を勝ち取るための勉強法について解説します。

塾によって勉強のしかたは違う

塾によって勉強のしかたは違う

中学受験をする際欠かせないのが塾通い。
関東では、上位校の合格者の大半がサピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミーなど大手中学受験塾の生徒です。

こうした塾では、毎週大量の宿題が出されます。
それも、深夜まで勉強したとしても終わらないくらいの量であることもしばしば。
そんな塾の宿題をいかにこなすべきか、特に通塾者の多いサピックスと日能研に絞って解説します。

サピックスの場合、毎週行われる「デイリーチェック」(復習テスト)に向けてテキストの問題を全部解くことが宿題となります。
テストで良い成績を収めるには全ての問題を解く必要がありますが、まず不可能です。
最低限授業で扱われた問題だけは解かせましょう。
先生がわざわざ解説するのは、受験によく出る重要な問題だからです。
また、先生が補助教材やプリント内の問題を指定して解くように指示する場合がありますが、時間が許せばその指定された問題も解くようにしましょう。

日能研では、授業用のテキストとは別に宿題用の「栄冠への道」というテキストがあります。
サピックスと同じく定期的に復習テスト(カリキュラムテスト)が行われるので、そのテストで良い成績を収めるには全てこなす必要があります。
しかし、そこまで時間をかけられない場合も多いですから、まずは先生が授業中に「重要」「試験によく出る」などと言った問題と類似の問題を探して優先的に解くように指導しましょう。
また、補助プリントが配布された場合は何度も目を通させましょう。

このように、お子さんを通わせる塾のシステム、仕組みに応じて勉強のしかたは変わってきます
まずは塾の見極めが必要だということですね。

中学受験 科目別勉強法

科目ごとの出題傾向により対策を立てた勉強方法を

算数は、難関校の中にはスピード勝負となる学校があります。
女子御三家の女子学院などが代表例です。
時として複雑な計算を早く正確にこなす必要があり、凡ミスによる失点はできる限り防がなければなりません。
このような学校を目指す場合、普段の勉強(塾の宿題)は時間を計って取り組む癖をつけさせましょう。

時間を計るのにはもう一つのメリットがあります。
中学受験の算数では、単純計算の問題だけでなく、文章題が多く出ます。
文章題の中には、紛らわしい書き方をしたものもありますから、重要な指示を読み落とさないための注意力を付け、限られた時間の中でも問題文を読み取れるように練習する必要があるのです。

国語は、文章読解が基本です。
塾のテキストを中心にたくさんの文章を読み、出題者が答えさせたいことを正確に読み取る力をつけることがまず重要です。
それに加えて、実際に記述問題で点を重ねていくために、読み取った内容を自分の言葉で表現する力を付けなければなりません。
塾のテキストをこなすのに加え、補助教材等に載っている単語集で語彙力を伸ばしていくことが大切です。
受験する学校によっては、言葉の意味や漢字の書き取りを多く出題する場合もあるので、漢字と語彙の勉強は毎日させるのが望ましいです。

理科は、学校によって様々な形式の問題が出題されます。
選択肢を選ぶだけでなく、学校の教科書にも出てくる重要な用語を書かせる問題や計算問題・記述問題も多く出ます。
普段から塾のテキストや授業ノートに何度も目を通し、重要な法則・公式を自分のことばで説明できるまで正確に暗記させることが、難関校を目指すご家庭にとって重要です。
計算問題に関しては、算数と同じく計算ミスが命取りになるので、定期的に時間を計って解くようにしましょう。

社会は大きく分けて地理・歴史・公民の3分野に分かれますが、どの分野でも重要な用語を暗記しているかだけでなく、つながりや流れを理解しているかを試す問題が多く出ます。
また、引っ掛けを含んだ選択問題や記述問題も多く出題されます。
近年の難関校の入試では、どの分野でも、何が原因で何が起こるといった因果関係を正確に把握することが求められています。
塾のテキストや補助教材をただ眺めるだけでなく、自分のことばで説明できるよう、時には紙に書くなどして覚えましょう。

勉強に工夫をとり入れ効率的に

宿題の取捨選択と優先順位を決めて取り組む

塾によっても違いますが、大手の中学受験塾で出される宿題は一般的に多いです。
うまく時間とすることをやりくりしないと回らない、ということも起こってきます。

まずは宿題に優先順位をつけましょう。
塾で先生が説明してくれた問題は、大切で典型的だから説明するわけで、もちろん重要です。
これをまず「復習」した上で宿題に取り組むようにします。

残りの宿題ですが、3分なり5分なり時間を決めて、それ以上考えてわからないようなら解説を見る、親が説明する、といったルールを決め、1問にあまりに長い時間をかけないよう工夫するのもいいですね。

理科の暗記や社会は「お父さん、お母さんが問題を出す⇒口頭で答える」で定着度を把握してから重点的にやる問題を決める、と言った工夫もできそうです。

ここまで、中学受験で合格を勝ち取るための勉強法を説明してきました。
普段塾から出される宿題を中心に、必要なものを取捨選択して上手に乗り切ることが大事です。
お子さんが第一志望の中学校に合格できるよう、学習状況をチェックしながら定期的にアドバイスをしてあげるよう心がけてくださいね。

『勉強方法』の関連記事を見る

1  2  3  4 >>
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.