中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法

小5サピックスオープン 理科について

夏休みが終わり、新学年まで5ヶ月となりました。
各学年、大きなテストは次の学年を意識したものになっていきます。サピックスでは9月4日(日)5年生の志望校診断サピックスオープンがあります。理科は大問が少なめで1問が長く、それぞれ趣向をこらした問題になるはずで、「どこかで見たことがあるような問題」は出ないと考えておいていいでしょう。
その意味では、組分けテストよりもさらに一段階レベルの高い問題群になりそうです。
これはサピックスに限らず、9月22日に行われる四谷大塚の志望校判定テストも同じです。また年末まで「志望校」という名のついたテストがない日能研でも、ふだんの公開模試(実力判定テスト)の難度は上がっていきます。
いわゆる「初見」の問題を見た場合、反応はお子さんによって様々です。
一番不利なのは「これは習っていない=わからない」と決めつけてしまうこと。こう決めつけてしまうタイプのお子さんは、理科が苦手な場合が多いのですが、こうなると本当は解ける問題すら解けなくなってしまいます。
数年前のサピックスのオープンテストに、次のような問題がありました。大問の1です。
20160902110757.png
もちろん「指標生物」という言葉を知っていた5年生はほとんどいなかったはずですが、読んでみれば「あ、サワガニが住んでいるところは水がきれいってことね。」とわかります。
「そんなの習ったことない!難しい!」と自分に暗示をかけずに、落ち着いてよく読むことが重要です。
さて、では小問に行ってみましょう。
20160902110904.png
アとイは、一方を選んだらもう一方は選べませんね。リード文に「ある程度長い間一定の場所に住み続けるため」とあるので、アを選びます。残りはウとエですが、見つけられなければ「指標=目印」になりっこないので、落ち着いて考えてエです。
大切なことは「出題者は『無理難題』は押し付けてこない」ということです。つまりこういった問題の場合、答えのヒントとなることがリード文中にあるか、ふつう、というか素直に考えればこっちかな、という方を選べばいいということを覚えておきましょう。
さて、(2)です。
20160902110957.png
「え?オオムラサキってチョウだっけ?どんなとこに住んでんの??ヒルはなんか汚いとこってイメージだけど・・・でもテレビでジャングルなんかで出てくるから、意外に大自然で綺麗なとこってことかも・・・」
あわててそんなことを考えたお子さんもいるはず。
落ち着きましょう。
「図1に階級分けできる」ってどういうことでしょう?
そもそも図1って何の図(表)だっけ?
と考えてリード文にもどると、「図1は指標生物のうち、特に水の汚染の度合いを示す生物についてまとめた もの」とあります。つまり、5つの生物のうち水辺に住むものを選べばいいんですね。
そう気づくとアとウしか選べません。
次に(3)です。これは迷った子が多かったと思います。
20160902111039.png
実際の問題には、それぞれの生物のイラストも書かれていました。
さて、みんなはアのゲンジボタルを真っ先に選択肢から外したでしょう。正解ですね。ホタルはあまり水が汚れている場所には生息しない、ということを多くの受験生たちは知っています。そして、イのチョウバエも外してしまったかもしれません(正解はイです!)。ア、ウ、エは水生昆虫だと知っているからです。
と、なんとも意地の悪い問題ですが、チョウバエの姿(お風呂などで「大繁殖」してしまうことがある小さなハエです。インターネットで検索してみるとちょっと掲載するのをためらうような写真がたくさん出てきます)を見たことがあれば、チョウバエという「ハエ」と水が結びついたかもしれません。
かなりの「デキる」お子さんがウのミズカマキリを選んでしまったのではないかと思います。ゲンゴロウよりもミズカマキリのほうが水質の悪化に強いイメージ(この時点で高度な「常識」ですが)を持っているからです。
この(3)のような問題、できたかできなかったかではなく、「どのような思考過程で解いたか」を検証すべき問題なのです。アのゲンジボタルを選んでいたら、やはり基本知識が心許ないといえます。正解にしても不正解にしても、その「理由」を聞いてあげたい問題です。
さて、この(1)〜(3)から学べることは、「志望校〜」系のテストでは
20160902111118.png
ということです。
5年生、テストがどんどん高度になります。
慌てず、落ち着いて、1回1回力を出し切りましょう。
中学受験 / 理科2016年09月02日11時05分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。