中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> かしこい塾の使い方 ->中学受験 夏の合宿は行くべき?

中学受験 夏の合宿は行くべき?

かしこい塾の使い方2015年06月23日20時16分
夏至も過ぎ、本格的な夏が近づいているのを感じる毎日です。
夏の予定、そしてその準備は順調に進んでいるでしょうか。
塾では当たり前のように夏期講習会が行われると思います。中には夏合宿のようなイベントがある塾もあります。数日間、どこかに泊まり込んで勉強するというものです。
こういったイベント、使い方やお子さんの状況によってはとても効果的なのですが、残念ながら逆効果になる場合もあります。
プラスに働く効果としては、日常と全く違った環境に置かれるため、お子さんのモチベーションが上がりやすいことでしょうか。小学校の修学旅行や林間学校もそうですが、親元を離れてのお泊りというだけで、子どもたちのテンションは上がるものです。
ただしそれもお子さんの性格次第で、まだ小学生のうちは外泊に慣れておらず、ホームシックにかかってしまう子も実際にいます。
合宿などがマイナスに働いてしまう代表的な場合は、「今それに時間と労力をつぎ込んでいる場合ではない」といったときです。
特に合宿などは、相当な時間と体力を使うものです。夏休みのうち、まるまる数日を費やせる機会は、高学年になるとなかなかないものです。その数日で、今までやりたかったけどできなかった苦手単元の特訓、たまったテストのなおし、志望校の過去問演習など、腰をすえて取り組むことができるのです。
どんなイベント、講座でもそうですが、すべては一長一短あるのです。
そう考えると、「合宿はなかば強制参加」という塾はどうでしょうか。。。
お子さんの現状に合わせてしっかり選びたいですね。

20150623210510.jpg
かしこい塾の使い方2015年06月23日20時16分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。