中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 受験準備と対策 -> 秋のうちに復習と苦手克服を

秋のうちに復習と苦手克服を

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月23日 公開:

スパイラル学習を上手く利用して理解を深めよう!

秋は復習をしながら苦手克服するのに適した時期です。休日が多く、塾のカリキュラムも佳境に入り、お子さんの学習状況の濃淡もはっきりしてくる時期、つまり得意、苦手がはっきりしてくる時期だからです。

ほとんどの進学塾は「スパイラル方式」といい、入試までに同じテーマを何度も繰り返すことにより学力を高めていくというカリキュラムが組まれています。同じ単元を、少しずつレベルを上げながら、何度も学ばせることにより、問題に慣れて理解を深めるのです。

しかし「今は理解できなくても、また同じ単元が出てくるから大丈夫」と考えてはいけません。同じ単元であっても、次に出てくるときにはレベルが少し上がっています。今の学年で理解が進んでいないと、次に出てきたときにつまずく可能性が高くなります。毎回、きちんと理解を深めることで、次にステップアップするということを忘れないようにしましょう。

基本を押さえて学習の定着を

先にも申し上げましたが、スパイラル方式は同じ単元であっても少しずつ問題のレベルが上がっています。したがって学年をあげて同じ単元を学習する時には、お子さんがチャレンジする問題のレベルが上がっているのです。

前回分からなかった問題、つまずいてしまった単元は、次回までに理解を深めるようにしていきましょう。

年生から6年生まで進学塾に通った場合、スパイラル方式の繰り返し学習は、最低3回以上行われていくのが普通です。5年生で入塾した場合は、4年生で1度習ったお子さんたちといっしょに勉強していること、そして授業もそういう前提で行われていることを意識しておかなければなりません。

しっかりと基本を押さえて、学習を定着させていきましょう。

秋の苦手克服で成功への予感を

進学塾は2月に新しい年度がスタートします。今の学年の最後の復習チャンスは冬休みになりますが、冬休みにできることは限られています。秋から始めて、冬休みに仕上げる予定くらいの感覚で、秋から苦手の克服に取り組んでいくのが望ましいですね。

そのためにも親御さんが上手にスケジューリングを行い、お子さんが楽しく勉強するための環境を整えていきましょう。学校行事なども多い季節が秋ですが、そのぶん振替代休なども多い時期です。それらの休日を上手に使い、テーマを決めて学習に取り組むようにしましょう。

そして、それが親御さんではなく、最終的にお子さんが自分で決めて、自分で学習していると感じさせるように誘導してあげられれば最高です。

「よくがんばっているね」「きっと大丈夫」だという言葉を忘れずに、お子さんに「これならいける」という、成功の予感を与えてあげましょう。

この記事を書いた人
主任相談員 前田 昌宏主任相談員 前田 昌宏
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.