中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 勉強方法 -> 希望のクラスに入れなかった場合の対処法

希望のクラスに入れなかった場合の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月24日 公開:

希望のクラスに入れなかったら

塾の学年は2月にかわります。そのとき、「希望のクラス」で新学年を迎えられたら、その時点では安心できるのですが、もしそうでない場合は、早めの対応が必要です。

なぜなら、「不本意なクラス」で長く時間を過ごしてしまうとそのクラスの基準に意識・実力ともに馴染んでしまっていって、なかなかクラスアップすることができなくなってしまう可能性があるからです。

上のクラスに比べると、授業で扱われる問題も、宿題として出される問題も違い、そこであたえられる問題のみをこなすうち「下のクラスの実力」になっていくのです。

そうなると、後々「希望のクラス」に入れた際でも志望校合格レベルの学習に付いていけなくなる可能性があります。だから「希望のクラス」に入るのは1日も早くしてあげた方がよいのです。

学年が上がると忙しくて...

学年が上がると、塾での勉強量、宿題の量が平均して1.5倍になると言われています。これは、4年生が5年生になったときも、5年生が6年生になったときも同じだそうです。つまり塾の授業と宿題で日々追われるようになり、クラスアップまで意識して勉強することが困難になるのです。

そこで、新学年になったタイミングで、クラスアップのために取り組んでおいて頂きたいのがお子さんの、「学習進捗の棚卸し」です。

簡単に言うと、お子さんの受験勉強で、

  • 何ができていて
  • 何ができてないのか

これを正確に把握して、クラスアップのために、それぞれに適した対策をしていくことが効率的な勉強につながるのです。これを、塾の先生か第三者のプロに依頼してこの時期に、取り組んでおくと効果的なのです。

ズルズルと何の対策もせず「不本意なクラス」で時間を費やせば費やすほど、クラスアップの可能性は低くなっていきます。

プロの利用方法

まずは、塾の先生の意見を聞きましょう。我が子がクラスアップするには、今の学習の何を変えればいいのか。宿題をどういうふうにやればいいのか。何を優先すればいいのか。

今の我が子に、
何ができていて
何ができていないか
を聞くのです。

上記のようなことを、たとえばメモにして、抜け漏れがないように聞いてみましょう。こういったやりとりをすることで、塾の先生がどのくらい自分の子どもを見てくれているかが分かりますし、詳しい質問をされることがわかっていれば、次からは注意して見てくれるようになるかもしれません。

そして、1月くらいの期間は様子を見ることにします。大きな塾だと月一回くらい「公開テスト」などの、いわゆる実力テストがあるはずですから、それで様子を判断してもいいですし、まずは日々の復習テストなどでもいいでしょう。

受験生にとって、1ヶ月という時間は貴重です。だからこそ、早い段階で行動する必要があるのです。

目標を立てているか

塾の先生に相談する際に注意したいのが「目標を立てて、それをクリアする」という提案があるかどうかです。単に成績を上げるためにああしましょう、こうしましょうというだけでは、成績は上がりません。

具体的に、

  1. ①どんな状態を目指すのか
    (どのテストで、何点を目指すのか。どの単元の、どんな問題を解けるようにするのか)
  2. ②そのためにどんなことをするのか
    (何を、いつ、誰と、どこで)
  3. ③結果はいつ判断するのか
    (いつのテストか、結果を見るために特に何かをするのか)

こういった具体的な提案があるかどうかがポイントです。

もしもそういった具体的な提案がないなら、外部の第三者にセカンドオピニオンを求めるのも有効です。塾の先生は「大勢の中でのお子さん」という視点で見ていますが、たとえば家庭教師などの先生だと、「1対1」を前提とした視点で子どもを見る習慣ができている可能性があるからです。

ただし、家庭教師の見極め方も難しいもので、多くのチェックポイントがあります。こちらは別の記事で詳細を記します。

この記事を書いた人
主任相談員 前田 昌宏主任相談員 前田 昌宏
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008-2017 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.