中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 受験準備と対策 -> 夏の空き時間の使い方

夏の空き時間の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月23日 公開:

夏休みの宿題は7月中  時間を決めて規則的に

夏休み。6年生には最後の夏であり、4年生5年生にはこの夏の過ごし方が来年の夏を左右するという、大切な時期になります。
夏休みには学校の宿題があります。宿題と受験に向けた勉強をどのようなバランスで進めるか、ペース配分で悩んでおられる親御さんも多いのではないでしょうか。
受験に向けた学習は大切ですが、宿題もおろそかにできません。

どの学年も、学校の宿題は(できるものは)7月中に終わらせてしまうのがベストです。特に6年生は、夏期講習がスタートするまでにとりかかることを目安とするのがいいでしょう。日記や観察など日々の記録は別ですが、夏休みの宿題とは、いつ向き合ってもいいのです。

自由研究などに関しては別にお伝えしますが、忙しい受験生はあまり時間と手間をかけることができません。中学入試で扱われる実験を再現するなど、受験勉強にも役立つものにするなど工夫が必要です。

夏期講習のスタートより前に夏休みの宿題のあらかたを終わらせれば、親御さんも塾とご家庭の予定のみに気を配ればよいので、スケジュール調整がスムーズになります。したがってお子さんの生活のリズムも安定していきます。
宿題が決まったら学校で終わらせるという強者もいるそうですが、お子さんに無理をさせないように7月中の早朝など時間のタームを決めて、規則的にこなしていきましょう。

復習メニューを絞り込み お子さんに必要な学習を

学年別の過ごし方は

5年生までの場合...

夏期講習の日数や受講時間に余裕があることが多いと思います。
苦手な科目を克服できるように、お子さんにあったオリジナルの復習メニューを組んでいきましょう。夏までのテストの結果と、塾の夏期講習のカリキュラムを参照し、

  • やりたいが夏期講習のカリキュラムに含まれないものを選ぶ
  • 夏期講習のカリキュラムに含まれるが、夏期講習までに基礎部分を学習して、講習の授業の効果を高める

などいくつかの視点から学習メニューを決めるのがよいでしょう。
お子さんの生活リズムを整える意味でも、夏休みの宿題や夏期講習以外の時間で一定の学習時間があるといいでしょう。

6年生の場合...

夏期講習の授業と講習の宿題に毎日を費やすことになりますが、お盆などはお休みになることが多いので、授業やテストでつまずいた問題などを確認したうえで、復習メニューを決めておきましょう。6年生の夏期講習は、これまでの総復習と、入試に向けて実戦力をつけるという2つの意味合いがあり、演習中心のメニューになります。5年生までの講習会のようにインプット中心ではないので、講習会の空き時間は講習会内容の完全理解をテーマにするのがよいでしょう。

塾で行われる夏のイベントについて...

体験講座や合宿などのイベントは必ずしも参加する必要はありません。お子さんにとって本当に必要なものか、今体験するべきなのか、カリキュラム内容を吟味しましょう。

あなたなら大丈夫! がんばるパワーに

「復習メニューが絞り込めない」と迷われたら、まず苦手単元のなかから復習すべき問題をいくつかチョイスしましょう。そのうえで塾の先生に、お子さんにとって重要な問題の優先順位についてアドバイスを受けてみてください。

復習メニューの絞り込みについてはテストなどから苦手単元を見ていくことになるので、すぐに目に見えた効果が上がるとは限りません。苦手単元の学習は、お子さんのモチベーションも上がりにくいものです。復習し、確認の意味で問題を解いたら、たとえ期待したほどの出来でなくても「ここまで出来たね」と褒めてあげてください。親御さんがいちばんのサポーターになり、「あなたなら大丈夫!」という気持ちを伝えて、お子さんの苦手克服に対するモチベーションを支えてあげましょう。

親御さんの絶対的な信頼が、お子さんを強くします。そして失敗したときや難問にぶつかったときにも自分を信じてがんばりつづけるパワーになるのです。
夏期講習、夏休みの宿題、そして復習と、長い夏休みを乗り越え、実りある時間を過ごすことができるでしょう。

この記事を書いた人
主任相談員 西村 則康主任相談員 西村 則康
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.