中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 受験準備と対策 -> 中学受験の一週間前、親ができること・やってはいけないこと

中学受験の一週間前、親ができること・やってはいけないこと

中学受験の一週間前、親ができること・やってはいけないこと
このエントリーをはてなブックマークに追加
公開:

本番まであと一週間

 

いよいよ中学受験当日の一週間前、これまでの成果を出す時がやってきます。そんな緊張が高まるこの時期を、受験生とその親はどうすごしたらいいのでしょうか。中学受験当日をお子さんがベストな状態で迎えられるように、一週間前にできること・やってはいけないことをそれぞれ考えてみます。

これまでがんばってきたからこそ

高まる緊張感

 「うちの子は緊張感がなくて」とおっしゃる方もいますが、そう見えても実は緊張しているお子さんがほとんどです。
どんなにのんびりしたタイプの子どもでも、一週間前になると勉強を必死でがんばります。
長かった受験勉強が終わろうとしていることはお子さんにとってとても大きな出来事なので、平常心ではいられないでしょう。

大人も緊張する

 そんなお子さんのいちばん近くにいる親御さんもまた、平常心ではないはずです。
お子さんと一緒に中学受験に向けての勉強や塾通いに一生懸命取り組んだ過程があるからこそ、それは自然なことです。
受験の一週間前は、ご家庭全体が緊張感に包まれる期間かもしれません。

中学受験一週間前。親ができること

優先順位を決める

 直前になると、あれもこれも、と焦る気持ちが出てくる子も少なくありません。
もちろんある程度の緊張感は必要ですが、焦って普段の実力が出せないということにならないためにも、一週間前にできること、やるべきことの優先順位を決めましょう。
たとえば「難しい問題集に挑戦する」などは、直前にやるべきことではありません。
どちらかというと、何度も解いてきた教材やノートを見返すことなどをして、本番をより落ち着いた気持ちで迎えられるようにしてあげることが大切です。

 お子さんと一緒に「一週間前にやるべきこと」を考えてあげてリスト化するのもいいかもしれません。
また気分転換をさせることも大切なので、お子さんの様子を見て、適切な声がけをしてあげましょう。

これで完璧、と思わせる

 試験の前日までに受験勉強を終わらせられるような予定を立てて、お子さんが「もうできることはすべてやった」と自信を持って当日を迎えられるようにしてあげたいですね。
 また試験会場への入り方や持ち物など、当日に向けての入念なチェックも親子で済ませておきましょう。そうすることで気持ちに余裕を持って試験に臨むことができるでしょう。

受験直前、学校は休むべきか否か

 

中学受験の本番前の数日間、多数派ではないですが学校を休ませる親御さんもいらっしゃいます。
インフルエンザなどの感染予防、受験本番に備えて休息を取らせたいなどさまざまな理由があるようです。

 一週間ほど前から学校を休ませて入試直前の勉強の仕上げをしようという考え方もあるかもしれませんが、学校を休むという「特別なこと」をすると、お子さんが余計に緊張してしまうこともあります。
一週間前をどうすごすかは、本人ともじっくり話し合って慎重に考えたほうがよさそうです。

体調管理は徹底的に

 一週間前は、なによりも体調管理を最優先させましょう。具体的には、規則正しい生活と、手洗い、うがいです。
受験勉強の仕上げのために毎晩遅くまで必死に勉強するお子さんもいますが、体調不良にもつながりかねないので、ほどほどにするように大人がコントロールしてあげてください。
 体調不良で本番に実力が出せなかった、と後悔しないように、体調管理にはなによりも気をつけて心身ともにベストな状態で本番に臨めたらいいですね。

親がやってはいけないこと

プレッシャーをかける

 必要以上にお子さんにプレッシャーをかけてしまわないようにしましょう。
これまでの成果を出してほしい、お子さんが合格して喜ぶ顔が見たいなどの気持ちはよくわかります。
でも一週間前となるとお子さんも平常心ではないので、そんな時期にかける言葉は、普段以上にお子さんの心に響きます。
言葉を選んで、感情的な表現にならないように注意しましょう。

子どものペースを乱す

 

受験が近いからという理由で、これまであまり取り組んでこなかった過去問や教材をお子さんに与えたり、逆に「好きなようにすごしなさい」と伝えたりして、お子さんが普段やらないようなことを勧めるのは避けた方がいいと思います。
子どものペースを慎重し、心身に無理のない時間をすごせたらいいですね。

大人の冷静さが必要な時期

 

受験までの一週間前は、とても大事な時期です。
直前期はどんなお子さんも必死でがんばるので、大人が冷静な視点を持って子どもに接することが求められます。
「ちょっと気分転換する?」
「今日は少し休もうか」
など、お子さんの緊張を少しでも解いてあげられるような声かけができたらいいですね。

この記事を書いた人
主任相談員 小川 大介主任相談員 小川 大介
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008-2017 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.