中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 勉強方法 -> 頭と体に効く知育あそびで梅雨を乗り切る

頭と体に効く知育あそびで梅雨を乗り切る

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月25日 公開:

天気がすっきりしない日は、家で「知育あそび」を

すっきりしない天気が続く時期、気分も滅入りがちですが、家の中でできてお子さんの能力開発にも役立つ遊びを生活の中に取り入れてみるのもいいですね。親子で楽しく遊びながら、お子さんの地頭を鍛える、そんな遊びにはどんなものがあるでしょうか。今回は、そんな「役立つ遊び」について考えてみましょう。

家の中でできる遊びの代表例として、トランプなどのカードゲームがあります。ゲームの種類によって鍛えられる能力は違いますが、全般的に短期的な記憶力と、それをベースとした推理力、見通す力などを養うことができます。

小さなお子さんでも、同じ数字や記号が理解できるのであれば、神経衰弱などを楽しむことができますし、数字の順番がわかるようになったお子さんに人気なのが七並べです。神経衰弱は短期的な記憶力を鍛えるのに最適で、「あのカードは確か7だったな・・・」と意識して記憶する訓練が大切なのです。七並べは運の要素もありますが、どの順でカードを出すのが有利かといった見通しを立てる練習になります。

知恵の輪、パズルは絶好の「立体感覚マスターツール」

いっしょに遊ぶことができない時間は、知恵の輪やパズルなどで一人で楽しんでもらうこともできます。もちろん最近は教育やパズル系のアプリなどもたくさんあり、タブレットなどを「すきま時間」に活用しているご家庭も増えてきましたね。

知恵の輪は、あるとついついさわってしまうのは大人も子どもも同じで、手先を動かしながら見て、考えるという一連の作業は知育効果も高く、立体感覚を養うこともできます。ルービックキューブなどのような立体パズルは、「この面にあるこのパネルをこっちの面のこの部分に持ってくるにはどうすればいいか」というときの操作のしかた、つまりまず「正解」を学んで、どうしてそうなのかを考えながら試してみる、といった使い方も図形の感覚を養う上で非常に良い方法です。「正解」を見ながらでも、全面クリアをマスターするのは難度の高いチャレンジで、取り組み甲斐も十分です。

「ああ、なるほど、このパネルは今奥の面にあるはずだから、手前の面を操作しても影響を受けないのだな」とったことを考え、納得しながら操作すると、自然に立体図形の感覚が身についていくはずです。

梅雨時にはちょっと気が早いですが、チャレンジと試行錯誤の様子を夏休みの自由研究の題材とするのもいいかもしれません。

家の中で体を動かす

特にゲームなどといったものでなくても、少し体を動かすだけで、お子さんは楽しい気分になり、前向きになることができます。天気の悪い休日などは、積極的に家の中で体を動かす習慣をつけるとよいでしょう。

ストレッチや簡単な体操など、家の中でできる「からだあそび」のメニューも、真剣に考えてみると楽しいものです。紙を丸めたものをゴミ箱に投げ入れる「ゴミ箱バスケット」など、お母さんが見たら怒ってしまいがちですが、バランス感覚をつけることができます。硬いボールは家の中ではNGですが、ゴム風船や紙風船などは家の中でちょっと体を動かすにはピッタリのツールですね。風船が床に落ちたらアウトとか、2回までは風船に触っていいとか、そういったルールを考えて決めることは遊びの醍醐味ですし、因果関係を考えたり、想像力を働かせる訓練になります。

家の中での「からだあそび」は、ケガがないようしっかり安全なスペースを取って行うことが大切です。遊び道具の素材なども最近は家遊び用に考えられたものが売られています。

テレビ番組も「知育あそび」の材料に

テレビなどを見ながらでも、知育あそびはできます。主任相談員の西村則康先生が齋藤孝先生と書籍「なぜ、受験勉強は人生に役立つのか」で対談されたときに出た話題に、テレビ番組のCM中に、ドラマのそれまでのあらすじや登場人物の行動などについて説明するというのがありました。齋藤先生は、「サザエさん」を例にあげておられましたが、マンガにかぎらずドラマやバラエティなどでも同じ訓練ができます。バラエティ番組などでは複雑な人間関係が会話に反映されたり、番組を面白くするために司会者が意図した「振り」などが多く見られます。子どもたちがこのような「大人の事情」をどのくらい感じながら見ているかといったことに注目するもの興味深いものです。

高学年になると、自分を客観的に見る事ができるようになってきますが、これが論理的思考や抽象概念の理解にもつながっていきます。寝る前、今日がどんな1日だったのかを客観的に考え、自分の行動や周りの人たちの反応を思い出すという習慣も、お子さんの思考力を大きく育てていきます。

「今日はどんな日だった?」

と笑顔で家族が話し合う一日の終りが習慣になると素敵かもしれませんね。

この記事を書いた人
主任相談員 辻 義夫主任相談員 辻 義夫
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008-2017 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.