中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 勉強方法 -> 「よく出来る子のマネをする事から成績向上がはじまる」という勘違い

「よく出来る子のマネをする事から成績向上がはじまる」という勘違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月09日 公開:

よくできる子は「今いちばん必要な学習」をわかっている

よくみなさんがしてしまう勘違いに、「よくできる子」の経験談を見聞きし、使っている問題集をマネしたり、通っている塾をマネしたり、やる問題をマネしたりすることで、成績向上が見込める、というものがあります。

「よくできる子」は、本人にとって、今いちばん必要な学習を的確に行うことをずっと続ける事ができているから「よくできる子」なのです。

つまり、「よくできる子」は「今、自分にとっていちばん必要な学習」を、誰かのアドバイスがなくても自分で把握できている可能性が高いわけです。

「よくできる子」のマネをして塾の宿題や家庭学習を行っても、それがお子さんに必要な学習と一致しているとは限らず、恐らく効率の悪いやり方になり、努力が無駄に終わってしまう可能性が高いのです。
このようなことを続けていては、なかなか悪循環から抜け出すことはできません。
お子さんが難関校を目指しているのなら、なおさらです。

おこさんを「よくできる子」にするために必要なこと

では、お子さんを「よくできる子」にするためには何をすればいいのかというと、「よくできる子」と同じように、今、本人にとって何がいちばん必要な学習かを自分で見つけられるようにしてあげればいいのです。
ただし、はじめから小学生のお子さんが自分で満足のいく結果を生み出せるわけではありません。
初めは塾の先生の力も借り、親が手伝ってあげるようにしましょう。

まずは塾のテストの問題を、次のに分類することから始めるとよいでしょう。

  •  簡単に解ける問題
  •  少し難しいが、がんばれば理解できる問題
  •  理解できない問題

少々手間がかかりますが、塾の先生にお願いすれば手伝ってくれるかもしれません。

○は何度も繰り返して解く必要はありません。△の問題を確実に解けるようにする、ということがポイントです。つまり、宿題の中で△に分類される問題が、お子さんにとっていちばん必要な学習ということになります。

○のように簡単にできる問題を難度も解いたり、✕のように今がんばっても習得できる可能性が低い問題に時間や労力を費やすことなく、△の問題に全力を傾けることで、結果として地頭を鍛えることにもなり、クラスアップも期待することができるのです。

「よくできる子」は、このような勉強のしかたを無意識的に身につけていることが多いのです。ですから、よくできる子のマネをするなら、勉強時間やテキストをマネするのではなく、このような学習のしかたをマネしなければなりません。

この記事を書いた人
主任相談員 辻 義夫主任相談員 辻 義夫
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.