中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 勉強方法 -> 中学受験 苦手な「電流」を得意にする方法 その2

中学受験 苦手な「電流」を得意にする方法 その2

中学受験 苦手な「電流」を得意にする方法 その2
このエントリーをはてなブックマークに追加
公開:

多くのお子さんが苦手とする理科の単元、電流。
いま一つ理解ができていないというお子さんも多いと思います。
今回は、電流を得意にする方法の2回目、ちょっと難しい問題にも対応できるようにしていきましょう。

まずは前回の復習

前回は、

・豆電球は電気抵抗
→豆電球が直列で増えると電流が流れにくくなる
→豆電球の直列個数が2倍・3倍・・・と増えると流れる電流は1/2 倍、1/3 倍・・・
(回路に流れる電流の大きさは、豆電球の直列個数に反比例)

・乾電池は「電池パワー」
→乾電池が直列で増えると流れる電流が大きくなる
→乾電池の直列個数が2倍・3倍・・・と増えると流れる電流は2倍、3倍・・・
(回路に流れる電流の大きさは、乾電池の直列個数に比例)

だから、回路に流れる電流の大きさは


で計算できる!

乾電池1個、豆電球1個の回路(上の図)に流れる電流を①と考えた場合、

たとえば、

といった具合に計算できるのです。

並列回路ではどうか?

回路に流れる電流の大きさは乾電池、豆電球の直列個数によって決まります。
つまり乾電池を並列つなぎで増やしても、回路に流れる電流は大きくなりません。

前回の記事でもお伝えしたとおり、

の電池パワーを1だとすると

の電池パワーはやっぱり1で

の電池パワーは2です。

では、豆電球の並列つなぎはどう考えればいいでしょうか。

たとえばこのような回路です。
並列回路でも、
は成り立っています。
ではどのように

を活用すればいいかというと、

アの豆電球に流れる電流は

により、2/2 =①


により、2/1 =②

という風に、一方(アの豆電球るがある方に流れる電流)を考えるときは、もう一方のことを「ないもの」として考え、逆にイの豆電球るがある方に流れる電流を考えるときは、アのことは「ないもの」として考えることがポイントです。

複雑な回路はどう考える?

複雑な回路も同様です。

なら、並列回路の上の3つの豆電球について考える場合は
により2/3
下の2つの豆電球について考える場合は
により2/2 =1

となります。

また、

の、並列回路の上の4つの豆電球について考える場合は
により2/4 =1/2
下の2つの豆電球について考える場合は
により2/1 =2

でいいですね。

ぜひいろいろな回路図で

を使いこなしてみてください!

この記事を書いた人
主任相談員 辻 義夫主任相談員 辻 義夫
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.