中和計算で「カレーライスの法則」をマスター

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2020年03月17日 公開:

親子とも、どうすればいいかわからないのが理科の計算問題

中学受験の勉強でお子さん、親御さんともに頭を抱える事が多いのが、理科の計算問題です。
塾で習ってきても今ひとつピンときていないようにも見えるし、かといって家で親が教えられるかというと、ちょっと難しい...

そんな理科の計算問題の中でも、苦手とするお子さんが多いもののひとつが「中和計算」ではないでしょうか。

ここでは、そんな中和計算の考え方を「カレーライスの法則」を使って辻義夫先生が説明します。

辻義夫先生発案「カレーライスの法則」とは

「カレーライスの法則」とは、辻先生が発案し著書である「中学受験 すらすら解ける魔法ワザ」シリーズの中でも紹介している、化学計算に関する考え方です。

どのように使うのか、詳しくは動画の中で解説しているのですが、中和によってできる塩(えん)の量を、カレーライスに見立てているのです。

中和とは、酸性の水溶液とアルカリ性の水溶液が反応して、水と塩(えん)ができる反応のこと。
たとえば塩酸と水酸化ナトリウム水溶液が中和すると、水と食塩ができます。

このときの塩酸をカレールウ、水酸化ナトリウム水溶液をごはんにたとえると、この2つの水溶液が過不足なく反応して、はじめて食塩というカレーライスができるのです。

だから塩酸ばかりが多くてもカレーライスはできないし、水酸化ナトリウム水溶液だけを増やしてもカレーライスにはなりません。

百聞は一見にしかず、動画で確認してみましょう

文章で表現するのは難しいのですが、動画をご覧いただければ「カレーライスの法則」がどのようなものか、すぐに分かると思います。

動画の中で解いている問題は、辻先生の著書「中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・計算問題」という問題集の中の問題ですが、書籍をお持ちでなくてもわかるような動画になっていますので、安心して御覧くださいね。

また「同じような問題を自分でどんどん解いてみたい」という場合は、全国の書店、ネット書店などで入手もできますよ。

この「理科 計算問題の考え方」のシリーズはどんどん続けていく予定とのことですので、みなさんぜひ楽しみにお待ちくださいね。

YouTubeチャンネル登録はこちらから。

この記事を書いた人
主任相談員 辻 義夫 主任相談員 辻 義夫
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.