中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 受験準備と対策 -> 中学受験 直前にやるべきこと・やってはいけないこと

中学受験 直前にやるべきこと・やってはいけないこと

中学受験 直前にやるべきこと・やってはいけないこと
このエントリーをはてなブックマークに追加
公開:

合格というひとつの目標に向かってがんばってきた受験勉強。
本番が近くなってきたらその時期をどんな風にすごしたらいいのでしょうか。
30年以上中学受験指導をしてきた「塾ソムリエ」である筆者が、受験直前にやるべきこととやってはいけないことについて指南します。
自信をもって入試本番に臨むためには、受験直前の時期をどのようにすごしたらいいのでしょうか。

もくじ

1.体調を整えよう

1−1.体調管理

とにかく体調を整えることを優先させてください。
受験当日に体調が悪いと、これまでの成果や実力が思うように出ません。
特に気をつけたいのが、インフルエンザやノロウィルス。
外から帰ってきてからの手洗いとうがいを徹底して予防しましょう。
また、寝不足が続くと体力が低下しがちなので、特にこの時期は規則正しい生活ができるように心がけてあげてください。

1−2.適度な運動も大切

中学受験直前の時期に限らず、家で勉強ばかりしていると太ってしまうお子さんも多いようです。
気分転換やストレス緩和の効果もあるので、適度な運動をすることをお勧めします。
ちょっとしたストレッチでもかまわないので、お母さんやお父さんが誘ってあげるとよいでしょう。

1−3.怪我にも注意

特に年末年始などの長期休暇中に、いつもとちがうことをしないようにしてください。
息抜きで遠出するのはいいのですが、慣れないウインタースポーツなどが思わぬ怪我につながってしまったお子さんもいます。
この時期は病気だけではなく、怪我にも注意するようにしてください。

2.「できる問題」を確実に

2−1.難問はやらない

受験直前の時期は、もう苦手分野の難問を克服しようとする時期ではありません。
できる問題を確実に解けるようにしましょう。
得意科目をしっかり復習し、基本事項の最終確認をしておくと、自信を持って入試本番に臨めます。

2−2.新しい問題集を買わない

この時期に新しい問題集に挑戦し、自信をなくしてしまう子もいます。
受験直前は、確実にできる得意な問題集だけをするようにしてください。
何度も解いたことのある問題集を見返すことが「今までこんなにがんばってきたから大丈夫」という合格への確信にもつながります。新しい問題集は逆効果になることがあるので気をつけましょう。

2−3.正答率を高める

得意な分野は確実に点が取れるように復習をし、正答率を再確認しておきましょう。
受験当日は緊張してしまい、うっかりミスをしてしまう子も少なくありません。
これまでのがんばりを無駄にしないためにも、できる問題の正答率を高め、お子さんが少しでも自信を持って本番を迎えられるように気を配ってあげてください。

3.「いつもとちがうこと」をしない

3−1.できるだけ外食は控える

慣れないものや脂っこいものを食べて胃腸の調子が悪くなることもあります。
共働きのご家庭の場合、外食に頼る場面も出てくると思いますが、できるだけ体調に支障のないようなメニューを選んであげてください。
生ものや揚げ物、刺激物などは避るのが無難です。

3−2.部屋やノートを整理するのはNG

気持ちを落ち着かせるために受験の前に部屋の整理整頓をする方がいますが、逆効果です。いつもとちがうことをすることによって、お子さんが緊張してしまうケースもあります。
大事なものやメモなどの場所がわからなくなることもあるので、部屋やノートを整理するのは受験が終わってからにしましょう。

4.受験前日はできるだけ平常心で

4−1.イメージトレーニング

受験当日の流れを親子で一緒にイメージトレーニングしておきましょう。
できるだけ平常心で取り組めるように、いくつかのパターンでイメージトレーニングをしておくとお子さんも安心できるでしょう。
家を出る時間や会場までの道順、答案用紙に名前をしっかり書くなど基本的なことをお母さんが一緒に確認してあげてください。

4−2.早く寝る

前夜は早めに就寝し、睡眠をたっぷりとって当日に備えましょう。
とはいえ、あまりにも早い時間に寝かせようとすると余計に緊張するかもしれないので、いつもより少し早いぐらいで大丈夫だと思います。
ぐっすり眠って気持ち良く朝を迎えられるようにしてあげてください。

4−3.笑顔でポジティブな言葉を

前日や当日の朝は「大丈夫、合格するよ」とポジティブな言葉をかけてあげましょう。
そしてぜひお母さんの笑顔を見せてあげてください。
お子さんも安心して本番に臨むことができると思います。親子ともに笑顔で本番当日を迎えることができるのが理想ですね。

5.いちばん緊張しているのはお子さんです

中学受験という人生の一大事に、いちばん緊張しているのは誰よりもお子さんです。
緊張してふだんの実力が出せなかった...ということにならないように、できるだけリラックスし、自信を持って受験直前の時期をすごせるようにサポートしてあげましょう。

この記事を書いた人
主任相談員 西村 則康主任相談員 西村 則康
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008-2017 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.