中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 受験準備と対策 -> 中学受験、費用はどれくらい?悩み別、費用対策

中学受験、費用はどれくらい?悩み別、費用対策

中学受験、費用はどれくらい?悩み別、費用対策
このエントリーをはてなブックマークに追加
公開:

中学受験にかかる費用が心配

子どもにより良い将来の選択肢を与えてあげたい、地元の中学校の環境があまり良くない...。
さまざまな理由からお子さんに中学受験をさせて私立の中学校に通わせたい、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで気になるのが、中学受験にかかる費用。
塾の月謝に加えて、書籍代、夏期・冬期講習費用、場合によっては交通費など、少なくない費用がかかるのが現実です。
そこで今回の記事では、いったいどれくらいお金がかかるのか、中学受験の費用についての基本情報をお届けします。

いつから塾に通うのか

まずは現状の把握として、どのタイミングで入塾するお子さんが多いのかをみてみます。

4年生から

個人差がありますが、小学校4年生から塾に通い始めるお子さんが最近は多いようです。
もちろん、5年生や6年生から通い始めるお子さんもいますが、スタートが遅い分覚えるべきことが多く後で苦労するので、4年生から通い始めてコツコツと受験勉強に取り組むことをおすすめします。
4〜6年生の3年間で習う内容に中学入試に必要な知識が網羅されています。

3年生の2月から

さらに細かくいうと、4年生と言っても入塾のタイミングは「小学3年生の2月」です。
なぜかというと進学塾では6年生の入試が始まる2月に新学年を迎えるからです。
小学校より2ヶ月早いということを頭に入れておいてください。

3年間の塾代は?

それでは、3年間の塾代はいくらぐらいかかるのでしょうか。
首都圏で難関校に合格実績がある大手進学塾を学年別費用をみていきましょう。

4年生

毎週の授業に加えて、春・夏・冬の講習会やテストなどを含めて50〜60万円ほどかかります。

5年生

5年生になると塾に通う日数や時間が増え、1年間で70万円ぐらいの費用になります。

6年生

塾に通う日数に加えて日曜特訓などもあるので、1年間で120万円ほどの出費になります。

3年間で200万円以上かかる

このほかにも、交通費や軽食など細々した費用を含めると3年間で200〜300万円がかかることを覚悟したほうがいいでしょう。
これは簡単に準備できる金額ではないかもしれません。
でもこの時期に少し工夫して家計をやりくりして、お子さんの将来の選択肢の幅を広げてあげることはとてもいいことだと考えるなら中学受験にチャレンジする価値はあると思います。

悩み別、中学受験の費用対策

それでは、いざご家庭で中学受験をしてみようと決めたとしても、費用に関してさまざまな悩みが出てくると思います。
悩み別に対策を考えてみます。

共働きで忙しい...

最近は共働き家庭が増えてきました。
中学受験にかかる費用のことを考えると共働きという状況は心強いのですが、現実的には、塾の送迎やお子さんの勉強のフォローなど、時間のやりくりをどうするか、気にされている方もいると思います。

共働き家庭にとっては時間を捻出することに工夫が必要かもしれません。
たとえば塾の送迎を週・月替わりで夫婦交代にすることや、勉強のフォローは週末に集中してやるなど、事前にいくつか対策を考えておくといいでしょう。
父親の理解と協力は必須になるので、入塾する前に夫婦でしっかりと話し合っておくことがポイントになるでしょう。

専業主婦で時間はあるけど、費用の工面が心配

出産を機に離職し、そのまま専業主婦というお母さんも少なくないと思います。
子どもの受験勉強をフォローする時間はあっても費用が心配、という方もいますよね。
最近は、週に数回のパートに出る方も多いようです。
家庭のこと、受験のことと仕事の両立で忙しくはなりますが、受験にかかる費用を捻出できるのでその点は安心です。
また考え方によっては、ずっと家にいてつきっきりでお子さんの受験勉強のフォローをしているよりも、適度に外に出るきっかけがあってよかった、という声もあります。ただ、無理は禁物です。

せっかくがんばっても不合格だったらどうしよう

これは受験に臨むどのご家庭でも不安になることではないでしょうか。
もちろん、合格という結果が出るとは限りません。
たくさんの費用を捻出するんだったら何がなんでも結果を出したいと考えるのは当然かもしれません。

でも、親子でひとつの目標に向かったことは、お子さんの人生においても、実は親御さんにとっても貴重な経験になると思います。
なにより学習習慣がつくので、高校や大学受験にもその経験が役立つでしょう。

覚悟が必要、でも大きなメリットがある中学受験

費用の面でも家計に負担がある中学受験ですが、長い目で見るとメリットがたくさんあります。
お子さんの将来の学習環境の確保と貴重な経験という意味では、チャレンジする価値はあるのではないでしょうか。

費用のことは冷静に判断する必要がありますが、まずが親子のやる気が必要です。
ご家庭で将来のことを話し合う、いいきっかけになるのではないでしょうか。

この記事を書いた人
主任相談員 前田 昌宏主任相談員 前田 昌宏
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.