中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 中学受験 ->国語の学習 ->受験国語 得点力を上げるために覚えておきたいテクニックとは

受験国語 得点力を上げるために覚えておきたいテクニックとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
中学受験 / 国語の学習2019年10月15日12時00分

こんにちは! 小川大介です。

国語の得意・不得意はセンスによるもの、
と思っている親御さんは多いようです。
そのため、どのように対策をしていいのかわからず、
「うちの子は国語が苦手だから・・・」
とあきらめてしまっていることも少なくありません。

でも、それは大きな誤解です。

国語の得意・不得意はセンスではなく、
押さえておくべきことを身に付ければ、
必ずどんな子でも成績が上がります

まず前提として、国語のテストというものが
どういうものかを知っておく必要があります。

中学入試の国語で大切なのが「設問の読み方」です。
「設問」をしっかり読んで理解し、
設問をつくった人が何を答えさせようとしているのか、
この問題文をどう読ませようとしているかを知ることが大切です。

詳しくは以前の記事『国語で高得点がとれる子・とれない子』
で説明をしていますので、ぜひご参考ください。


さて、今回は、文章の読み方ではなく、
覚えておくべき知識についてお伝えしたいと思います。

中学受験の国語入試は、
小学校の教科書で扱う素材文よりも内容が難しく、
言葉を知っていないと答えられないことがあります
こうした場合、どうすればいいのかといえば、
覚えてしまうのです。

例えば、論説文やエッセイなどを素材とした場合、
「絶対的←→相対的」などの二項対立の概念を
知識として持っていなければ解けません

こうした概念を読書だけで吸収するのは難しいので、
「知識」として覚えてしまいましょう
中学入試で定番中の定番と言えるものは数十個程度ですし、
それほど難しいものではないので覚えてしまうのが得策です。

例えば文章中に「空間的には同一平面上に存在しているが」
などという文章が出てきた場合、大人ならすぐに
「空間的には同じでも時間軸は違うということだろうな」
と判断できますよね。
「空間」ときたら「時間」が対立概念だということを
経験的に知っているからです。

このように大人にとっては当たり前の概念、観念ですが、
子どもが短期間のうちに自然に体得するのは無理というもの。
ですからここは割り切って
「大人というのは、そう考えるものなのだ」
というパターンとして覚えておくのが正解です。

ただ、語彙の問題として「空間の反対は時間」と答えられても、
その使い方がわからなければ意味がありません。
単語リストをつくって反対語の暗記をして終わるのではなく、
問題文に「二項対立」の概念が出てきたら、
「あ、ここだ!」とマークして
文章イメージとともに定着させていくといいでしょう。

【覚えておきたい10つの「対立概念」】

全体←→部分

抽象←→具象

実質←→形式

客観←→主観

絶対←→相対

一般←→特殊

観念←→現実

必然←→偶然

論理←→感覚

本質←→現象

同じことは、物語文などに出てくる動作や様子、
気持ちを表す言葉にも言えます。

中学入試には「あげつらう」「まどろむ」
「いそいそと」「うしろめたい」など、
小学生の子どもが普段の会話や文章で使わない言葉が
たくさん出てきます。
そういう言葉も「知識」として覚えてしまいましょう。

ただし、これも二項対立と同じで、
「暗記」していても使えなければ意味がありません。
なるべく身近な例を教えてあげて、
そのニュアンスを理解できるようにしてあげるといいですね。

例えば「うしろめたい」という言葉を説明する場合、
「○○ちゃんと前々から行く約束をしていた映画に、
△△ちゃんと行くことになってしまった」という例を挙げれば、
小学生でも感じがつかめるはずです。

嬉しいけれど素直に喜べない、気がとがめる、
悪いことをしているような気がする、○○ちゃんに申し訳ない、
といった気持ちが交じっていることが
「実感」をともなって理解できれば、
別のシーンで使われていても理解できるでしょう。

ただ、気持ちを表す言葉だけでも相当の数があります。
やみくもに暗記をしても使いこなせませんから、
「喜・好」「怒・嫌」「哀・悩」「楽・焦」
といった感情のグループに分けて覚えることをおすすめします。

論説文やエッセイでは二項対立、
物語文では動作や様子、気持ちを表す言葉の「知識」
を増やすことが、得点力につながります
「国語はセンス」「国語は感性」と思っている親御さんは
抵抗感があるかもしれませんが、
中学入試の国語と物語を読み味わうことは別であること
を知っていただき、正しい学習を進めていきましょう。

中学受験の国語の対策については、こちらの本をぜひ参考にしてみてください。

51yYG6+YphL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
中学受験 / 国語の学習2019年10月15日12時00分
主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.